キレイモとエタラビは月額料金が同じなので迷いますが、キレイモとエタラビならキレイモの方がおすすめです。今回はキレイモとエタラビで迷っている人のために、キレイモとエタラビの料金やサービスを詳しく比較しながら、キレイモの方がおすすめな理由を検証します。

さらに、キレイモが通える範囲にない人におすすめのサロンもご紹介します。また、キレイモが向かない人におすすめのサロンもご紹介するので、脱毛サロンに行きたい人はぜひ、参考にしてください。

【2017年11月最新版】全身脱毛が安いおすすめサロン

なぜキレイモがエタラビよりおすすめなの?

キレイモ

キレイモの詳細

月額制の値段は同じ

まずはキレイモとエタラビの月額制の料金を比較してみましょう。

サロン 月額 1年の合計 回数
キレイモ 9,500円 114,000円 6回
エタラビ 9,500円 114,000円 6回

このようにキレイモとエタラビは月額制の料金が同じで、どちらも1年間に6回全身脱毛ができます。

エタラビは最低契約期間が長い

月額制と言うと、いつでも好きなときに止められるイメージですが、エタラビは最低契約期間が長いので、好きなときに自由に止めることができません。キレイモとエタラビの最低契約期間を比較してみましょう。

サロン 最低契約期間
キレイモ 2ヶ月
エタラビ 18ヶ月

エタラビは最低契約期間が18ヶ月と長く、月額制の意味もコースの総額を毎月支払う「分割払い」です。最低契約期間中でも手続きをすれば途中で解約することはできますが、エタラビの解約には罠があります。

脱毛サロンの契約を解約すると、施術していない分の料金を返金してもらえますが、エタラビは返金額を計算する際に1回当たりの料金を異常に高く計算するため、1回施術を受けた後の解約だと返金額は6万円程度、2回施術を受けた後だと1万円も戻って来ません。

ですがキレイモの月額制なら多くの人がイメージする通り、通っている間しか料金が発生しません。最低契約期間も短く、3ヶ月目以降であれば好きなときに止められます。

エタラビは何度も通わなければならない

キレイモとエタラビは、1回の来店で脱毛できる範囲が異なり、通うペースも異なります。

サロン 通うペース 脱毛範囲
キレイモ(回数パック) 2ヶ月に1回 全身まるごと
キレイモ(月額制) 月1回 全身1/2
エタラビ 月2回 全身1/4

キレイモは回数パックだと1回の来店ですべての部位を脱毛でき、通うペースは2ヶ月に1回です。月額制でも全身の1/2を脱毛でき、通うペースは月に1回です。月1回または2ヶ月に1回なら、忙しい人でも無理なく通えます。

対するエタラビは1回の来店で全身の1/4しか脱毛できず月2回も通わなければなりません。脱毛サロンは脱毛が完了するまで最低でも2年くらいは通うことになりますが、月2回のペースで2年間通い続けるのは大変です。

キレイモはエタラビより脱毛範囲が広い

キレイモとエタラビは全身脱毛に顔も含まれていますが、エタラビは顔の下半分までしか脱毛できません。一方、キレイモはおでこや眉間も含めて顔全体を脱毛できます。エタラビより脱毛範囲が広いのも、キレイモの方がおすすめな理由の一つです。

エタラビはキャンセル料が発生する

キャンセルのペナルティもキレイモの方がゆるいので通いやすいです。キレイモの回数パックは前日まではキャンセル料無料で、当日キャンセルも店舗に足を運んで予約変更すればペナルティがありません。店舗に立ち寄ることができないときの当日キャンセルのみ、1回消化扱いとなります。月額制の場合はキャンセルした月は施術したものとし、次の予約が取れるのが翌月以降になります。

エタラビは前日21時以降のキャンセルはキャンセル料1,000円、無断キャンセルはキャンセル料2,000円が掛かるので、キレイモより厳しめです。

キレイモはネット予約できるけどエタラビは電話予約のみ

キレイモはネット予約ができるので、予約のストレスもありません。ですがエタラビは予約方法が電話のみです。さらに毎月15日にならないと次の予約ができません。つまり来店日が月の14日までだと、施術の帰りに次の予約を入れることができないのです。

そうすると予約は電話が早く繋がった者勝ちになりますが、予約開始日の15日は電話が混雑して繋がらないこともあります。予約開始日は開店時間から電話が繋がるまで電話機の前に張り付いていないと予約が取れないので、仕事や学校がある人だとなかなか予約が取れません。その上、2ヶ月より先の予約は取れないので、予約はかなり取りにくいです。

エタラビが業務停止命令を受けてしまったワケ

ところで、エタラビは業務停止命令を受けているので、2017年5月24日までは新規顧客と契約することができません。エタラビが業務停止命令を受けてしまった理由は虚偽誇大広告です。

エタラビの虚偽誇大広告の内容は二つあり、一つは実際にはローンの分割払いであるのに、あたかも好きなときに止められる月額制と思わせるような広告です。無料カウンセリングの説明を受けるまでは高額な契約をしなければならないことがわからないので、消費者からのクレームが多かったようです。

これだけなら割とどこのサロンもやっていることですが、エタラビはもう一つ、公式サイトなどで予約の取りやすさを謳っているのに、実際にはなかなか予約が取れないと言う点も虚偽誇大広告に該当すると判断されました。予約が取れますと説明して高額な契約をさせておきながら、混んでいてサービスを提供できませんと言うのではさすがに無理があります。

そして虚偽誇大広告とは違いますが、エタラビにはもう一つ大きな問題がありました。脱毛サロンは、消費者から解約の申し出があった場合はサービスを提供していない分の料金を返金する義務があります。ところがエタラビは返金を拒否したり、不当に返金の遅延をくり返すと言った行為もあったのです。

これらの行為から悪徳サロンと判断せざるを得ないので、新規顧客の受け入れが可能になっても契約しない方が無難です。

エタラビの良いところは?

エタラビ

エタラビの詳細

それでもエタラビにもキレイモより優れている点もあるので、それもご紹介します。エタラビはシェービング料が無料と言う点が好評です。キレイモは月額制だと無料でシェービングしてもらえるのは自分で手が届きにくい部位に限られます。ですがキレイモも回数パックにするとシェービングが無料になります。

また、店舗数はエタラビの方が多いです。ですがキレイモも短期間で店舗数が増加しており、展開するエリアも増えつつあります。しかし、まだキレイモの店舗がないエリアも多いので、キレイモが通える範囲になくて全身脱毛をしたい人は、次点で銀座カラーがおすすめです。

銀座カラー

銀座カラーの詳細

銀座カラーは全国展開していて店舗数もそれなりに多く、料金やサービスの面でもキレイモの次に優れています。

部分脱毛するならエタラビ?

キレイモは部分脱毛コースが無い

キレイモは全身脱毛をしたい人にはもっともおすすめですが、部分脱毛コースがないので、脱毛したい部位が少ない人には割高になってしまいます。

部分脱毛するならエタラビよりミュゼの方がおすすめ

ミュゼ

ミュゼの詳細

脱毛したい部位が少ない人は、部分脱毛コースがあるサロンの方が安く脱毛できます。部分脱毛ができるサロンだとエタラビが単発脱毛ができて気軽に行けるので人気ですが、部分脱毛にはエタラビよりミュゼの方がおすすめです。

ミュゼの方がキャンペーンが充実していて、料金も安いからです。ミュゼは部分脱毛が安く、脇+Vラインを無制限で脱毛できる激安キャンペーンも展開されています。店舗数も多く、国内であればだいたいどこに住んでいても通えます。

【2017年11月最新版】脱毛お試しキャンペーン比較表

キャンセル料無料など、サービスもエタラビより充実しています。脱毛方法もS.S.C.脱毛で痛みが少ないので安心です。しつこい勧誘もありません。

まとめ

いかがでしたか?キレイモとエタラビならキレイモの方がおすすめです。月額制の料金はキレイモとエタラビは同じですが、最低契約期間の短さや予約の取りやすさなど、キレイモの方が優れているので通いやすいです。

ただしキレイモは店舗展開していないエリアも多いので、キレイモが近くにない人は銀座カラーを選択肢に入れてみましょう。銀座カラーなら全国展開しているので、通える範囲に店舗があるかもしれません。料金やサービスの面でも、キレイモの次におすすめです。

エタラビは業務停止命令を受けていることからわかるように、いろいろと問題が多いので避けた方が無難です。

全身脱毛 おすすめ 安い

【2017年11月最新版】全身脱毛が安いおすすめサロン