kenon

最近ではケノンやトリアなどの高級な家庭用脱毛器が人気です。エステやクリニックのような脱毛が自宅でできるなら、とても手軽で便利ですよね。ですが家庭用脱毛器は本当に効果があるのでしょうか?家庭用脱毛器で永久脱毛はできるのでしょうか?

今回は家庭用脱毛器でどこまで脱毛できるのかを探るべく、売れ筋商品の口コミを徹底検証してみたいと思います。家庭用脱毛器についての基礎知識や注意点も詳しくお伝えするので、家庭用脱毛器の購入を検討している人はぜひ、参考にしてください。

家庭用脱毛器の種類

フラッシュ脱毛器(代表的な機種:ケノン)

ケノンなどがフラッシュ脱毛器です。IPL(インテンスパルスライト)と言う光で脱毛します。IPLは黒い色素に反応する性質を持ち、毛根の色素に加熱することで毛乳頭にダメージを与えて毛の再生能力を低下させます。照射口の面積が広く、複数の波長を広範囲に照射できるので少ないショット数で広い面積を脱毛できます。短時間で広範囲を脱毛できるので、全身脱毛にも向いています。

施術をくり返すごとに徐々にムダ毛が細く、生えにくくなります。出力が低いので痛みが少ないですが、脱毛効果も低めです。アイスノンなどで肌を冷やしてから照射します。

レーザー脱毛器(代表的な機種:トリア)

トリアがレーザー脱毛器です。医療用レーザー脱毛器は出力が高く毛根を破壊できますが、効果が強力なので医師か看護師の資格がないと使用することができません。そこで一般の人も使用できるように出力を下げたものが家庭用のレーザー脱毛器です。医療用レーザーに比べると効果は劣りますが、家庭用脱毛器の中ではもっとも効果が高いです。黒い色に反応する性質を利用して脱毛する仕組みは光脱毛器と同じですが、レーザー脱毛器のほうが毛乳頭に与えるダメージが大きいです。

ただし市販されている家庭用レーザー脱毛器は照射口が小さいので、1ショットで脱毛できる面積が非常に狭いです。面積が広い部位の脱毛には、施術に時間がかかります。効果が高い分、痛みがもっとも強いのもこの種類です。ヤケドのリスクが高く痛みも強いので、氷などでしっかり肌を冷やして麻痺させてから照射します。

サーミコン脱毛器(代表的な機種:ノーノーヘア)
熱線(サーミコン)で毛を焼き切ることで「除毛」します。脱毛はできません。ノーノーヘアが代表的です。

シェーバー脱毛器(代表的な機種:ソイエ)

「一度にたくさんの毛を抜ける高機能な毛抜き」と考えるとわかりやすいです。肌の上を滑らせると、コイル状の部品が毛を挟み込んで引き抜きます。毛抜きと同じように毛の根元から抜き去るので、シェービングするよりは効果が長持ちします。ですが毛根は生きたままなので、何日か経つと再び毛が生えてきます。どちらかと言うと脱毛よりは除毛に近い効果です。レーザー脱毛器ほどではありませんが、痛みもあります。ソイエが有名です。

家庭用脱毛器の選び方

サーミコン式とシェーバー式は除毛

サーミコン式とシェーバー式の脱毛器は、除毛のための機械であり、脱毛はできません。その代り値段が安いです。何万円もする脱毛器を購入する余裕がないときには、それなりに便利です。特にシェーバー式は生えてくるまでに何日かかるので、旅行に備えて脱毛したいときなどには重宝します。サーミコン式は毛先が丸くカットされるので、伸び途中の毛がチクチクしないメリットがあります。

フラッシュ式とレーザー式が脱毛

脱毛できるのはフラッシュ式とレーザー式の2種類のみです。医療レーザー脱毛ほどの効果はありませんが、脱毛サロンの光脱毛より少し弱いくらいの脱毛効果は得られます。ただし長い目で見ると脱毛サロン・クリニックのほうがコスパが優れています。フラッシュ式は使用をやめると徐々に毛が再生しますが、レーザー式は使用をやめてもしばらくの間は毛が生えてこなくなる可能性が期待できます。

人気のフラッシュ脱毛器5選

ケノン

男女兼用のフラッシュ脱毛器です。店頭販売はされておらず、ネット通販のみで購入できます。割引クーポンやカートリッジのプレゼントなど、お得なキャンペーンが展開されています。

レイボーテ グランデ

男女兼用のフラッシュ脱毛器です。家電量販店などでも購入できますが、公式サイトで購入するのが一番お得です。

シルク・エキスパート

男女兼用のフラッシュ脱毛器です。オンラインショップと店頭のどちらでも購入できます。

パナソニック 光エステ

男女兼用のフラッシュ脱毛器です。ボディ&フェイス用とボディ用の2機種が販売されています。ボディ用は充電式のコードレスタイプと、本体と一体型の交流式(トリマー付き)があります。オンラインショップまたは家電量販店などで購入できます。

センスエピ

男女兼用のフラッシュ脱毛器です。カートリッジ式の機種と、カートリッジを使わない機種があります。Amazonなどのオンラインショップで購入できます。

人気のレーザー脱毛器

トリア

男女兼用のダイオードレーザー脱毛器です。家庭用脱毛器でレーザー脱毛器と呼べるものは、今のところトリアのみです。楽天市場などを見ると、フラッシュ脱毛器の商品説明もレーザー脱毛器かのように書かれていることがありますが、似た形状の他の脱毛器はすべてフラッシュ脱毛器です。脱毛の仕組みは同じですが、効果が全く異なるので注意しましょう。

トリアには「プレシジョン」と「4X」の2機種が展開されています。基本的な性能はどちらも同じですが、形状や1回の充電で使用できる時間が異なります。公式サイトの他に、東急ハンズやLOFT、PLAZAの一部店舗でも購入できます。

家庭用脱毛器の比較

フラッシュ式脱毛器とレーザー式脱毛器を比較

フラッシュ式脱毛器のメリット・デメリット

①フラッシュ式脱毛器のメリット

・レーザー脱毛器よりも比較的値段が安い
・一度に広範囲を脱毛できる
・レーザー脱毛器よりも痛みが弱い

②フラッシュ式脱毛器のデメリット

・レーザー脱毛器より効果が弱く、毛が薄くなるまでに期間がかかる
・使用をやめると毛が再生する
・カートリッジ式のものは照射ごとにカートリッジの残量が減り、カートリッジの買い替えが必要なので意外にコストがかかる

レーザー式脱毛器のメリット・デメリット

①レーザー式脱毛器のメリット

・永久脱毛に近い効果を得られる

②レーザー式脱毛器のデメリット

・フラッシュ脱毛器よりも値段が高い
・痛みが強い
・1ショットで脱毛できる面積が狭い
・充電式なので1回に使用できる時間が限られる
・保証期間の2年を過ぎてからの修理、電池交換は2万円かかる

すね毛など体のムダ毛におすすめの脱毛器は?

すね毛など体の広い部位の脱毛にはフラッシュ脱毛器がおすすめです。一度に広範囲を脱毛できるので、背中などの面積が広い部位も短時間で脱毛できます。

VIO脱毛におすすめの脱毛器は?

VIO脱毛にもフラッシュ脱毛器がおすすめです。というよりも唯一の家庭用レーザー脱毛器のトリアはメーカーが「VIOへの使用は不可」としているため、VIOは選択肢が光脱毛器しかありません。フラッシュ脱毛器も商品によってはVIOへの使用ができないとされているものもあります。ケノンは「Vラインは脱毛できるが、IOへの使用は不可」となっています。

メーカーが使用を推奨していない部位に使用した場合は、トラブルが起こっても自己責任になります。個人のホームページなどで使用できない部位を脱毛した体験談が掲載されていることがありますが、メーカーが推奨していないと言うことは事故が起こりやすいと言うことです。他の人が大丈夫だったからと言って、安易に真似しないようにしましょう。

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛器は?

ヒゲ脱毛にはレーザー脱毛器がおすすめです。ヒゲは毛が太く、毛量も多いので脱毛の効果が出るまでに回数が多くかかります。家庭用フラッシュ脱毛器では効果が弱く、ヒゲは効果が出ない人が多いです。レーザー脱毛器のほうが効果が高いので、ヒゲにも効果が出やすいです。ただし家庭用レーザー脱毛器でヒゲ脱毛を成功させるには、一つ条件があります。痛みに耐えられる人でないとヒゲ脱毛は自分ではできません。

ヒゲが生えている部位をレーザー脱毛器で脱毛する場合は、かなりの痛みを伴います。レーザー脱毛器は出力を調整することができますが、人によっては一番低いレベルでも強い痛みを感じます。病院と違って麻酔クリームを塗ることもできません。さらに、1回では脱毛できないので何度も施術しなければならないため、それなりに覚悟が必要です。

家庭用脱毛器の効果は?口コミまとめ

ケノンの口コミ

  • 最初は照射済みのエリアと未照射のエリアがわからなくなって手こずった。始める前に、どの方向にどこまで照射していくかをしっかり決めたほうがよい。照射の衝撃が部位によってだいぶ違うので、その都度レベルの調整が必要。使用後は毛が焼ける臭いがする。照射の光が強く、サングラスをして目を閉じてもわかる。誤ってほくろにレーザーが当たった際、他の部分より衝撃を少し強く感じた。付属品に冷却剤が付いているが小さいので、大きいものを用意したほうが効率がよい。
  • 使用後1ヶ月経過し、確実に毛が減っている。自宅でゆっくり使えるので買って正解。
  • しっかりと冷却すればレベル10でも痛みを感じることは少ない。
  • 足の脱毛用に購入。医療レーザー脱毛を経験しているので痛みは想定範囲内だった。クリニックでは連続して照射できるが、ケノンは1回照射した後に5~10秒くらいの充電時間が必要なのでまどろっこしい。3回ほど使用したが、ある程度痛みがあるので効果もありそう。

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01GDKL34W/

レイボーテ グランデの口コミ

  • 2週間ごとのケアと書いてあったが、待てないので2~3日置いて弱い出力でケア。購入して3週間くらいだが、脇はキレイになった。手の甲も剃り跡の毛穴が目立っていたが、だいぶ目立たなくなった。フェイスケアは産毛がなくなるのか、化粧水を塗るときにツルッとした感触になった。痛みは、一番痛いときで輪ゴムでパチンとされた痛みに近かったが1回だけだった。カートリッジが熱くなって休ませないといけないと言うこともない。
  • チャージが早く、カートリッジもそんなに熱くならない。音も静かで使いやすい。ヘッドが大きいので細かいところはやりにくいが許容範囲。高かったが処理スピードが早いので買ってよかった。
  • 体中に1回使用しただけで毛穴のブツブツザラザラが減ったので、今後が楽しみ。ケノンよりもすごくいい。
  • レベル10で、すね、膝、指、腕、背中、太もも、うなじ、もみあげ、顔、鼻下、脇に使用。最初は2週間おきとのことなので2週間経つまで観察したところ、すねは効果絶大。脱毛前に剃った毛が伸びてこないし、指で触るとポロポロ取れる。指は毎日欠かさず剃っていたのに、ほとんど生えてこなくなった。シェービングによる肌荒れもなくなり、毛穴が少しずつ目立たなくなっている気もする。
    引用元:http://review.rakuten.co.jp/item/1/299660_10001033/

シルク・エキスパートの口コミ

  • 毛の処理が甘いとビックリする痛みだが、我慢できる痛み。シェーバー式のほうがはるかに痛くて毛穴が目立つ。1度の使用ですね毛の元気がなくなり、すでにツルッとなっている部分もある。シェービング後のジョリッとする感じが日に日に和らいでいる。ヘッドから下が長くて重いので結構疲れるが、それ以外は問題なし。
  • 毛が細いところは痛いと言うより熱いと言う感じで、毛が太いところは軽くゴムではじいた感じがする。やわらかモードだとほぼ痛みがないが、効果が全くなく翌日にはチクチクしてくる。基本モードで照射したところは毛が伸びる速度が遅く、3日目でもチクチク感がない。4日目に、引っ張るとスルスル抜ける毛がチラホラ出てきた。まだ1回目だが減毛の効果はありそう。
  • 膝下に使用。購入後10日ぐらいは以前とあまり変わらなかったが、その後毛がジョリジョリしていないことに気付いて驚いた。発行するときにちょっとチクッとするのが減点ポイントだが満足。
  • 膝下、肘下、Vラインに2回使用。少し毛が少なくなったかな?と言う感じ。肌が弱いが、痛みはあまり感じなかった。

引用元:http://review.rakuten.co.jp/item/1/270903_10404793/

パナソニック 光エステの口コミ

  • 足の剛毛にはほとんど効果がなかったが、脇の薄い毛は5日経っても生えてこない。
  • トリマーは使用せず毎回使用前後に掃除しているが、ヘッドの透明部分に埃や毛がだんだん焼き付いて取れない。この曇りやくすみが照射に影響するかわからないが、最初の頃より痛みが強くなってきて、一度ヤケドもした。使用2ヶ月目だが、毛を薄くする効果は確かにあるように思う。
  • 主に足、腕、指に使用。約1ヶ月、週1~2回の使用でだいぶ毛が抜けて細くなり、ツルツルになった。数日間剃らなくても気にならない。
  • 使用後にスキンケアをするとスベスベ感がわかる。毛が伸びるのも遅くなった。

引用元:http://review.rakuten.co.jp/item/1/301897_10000954/

センスエピの口コミ

  • 8回使用。最初の3回はレベル3でほとんど効果を感じなかったので、それ以降は保冷剤で冷やしながら足と脇をレベル5で使用。かなり剛毛だが、かなりマシになった。8回目で生えてこなくなった部分もチラホラ。効果の永久性はなくても、使い続けていけばムダ毛処理がかなりラクになるだろうとわかる。毛が抜けた後の毛穴が目立たないのもよい。まだ途中だが、前日にシェービングすれば生足で出かけられるレベルにはなった。ただ、関係ないかもしれないが使用してからほくろが多くなった。
  • 数箇所の脱毛サロンを経験しているが、エステの光に比べるとほとんど痛くない。
  • 2週間に1回のペースで2~3回使用。手の甲と指は剃ったときの毛の黒いブツブツが見えなくなってきた。腕も一緒に照射しているが、こちらは手の甲より進みが遅い。肌に密着させないと照射されないので、安全面もよい。説明書がほとんど何も書いてなかったのは少し残念だった。
  • 痛くなく、それなりに効果も感じられるが照射しづらいのが難点。幅や角度によってはなかなか上手くいかず、ムラになってしまった。
    引用元:http://review.rakuten.co.jp/item/1/197001_10005780/

トリアの口コミ

  • 色白で毛が黒く太い。膝下と肘下に使用。1回目は、膝下はレベル1でも熱さがじわっと染み込んでいくような痛みがあり、説明書に書かれている目標照射回数(片足600回)の1/3もできなかったが、1週間後にスルッと抜ける毛があった。2週間後に2回目をやったが、毛量が少し減ったような気がする。痛みも耐えられるようになった。肘下は細い毛がたくさん生えていて、レベル3でもそんなに痛みがなかった。1週間後に細い毛が少しずつ生えてきたが、あまり目立たないので期待できるかも。
  • 光脱毛器と違って肌への刺激が強く、レベル1で針でちょんと刺される感覚がある。レベル2は針で少し弱めに刺される感覚があった。これを何回も照射するのかと考えると、キツイものがある。
  • 医療脱毛と同じダイオードレーザーで強力な分、痛い。照射面が小さいので根気が必要。手足、脇を2年ほどチマチマとちょっとずつやり続けたが、手足などはかなりキレイになり、手入れが本当に楽になった。
  • ヒゲに、ほぼレベル5で使用。痛すぎるが、1回目から1週間経ってヒゲが薄くなった。2回目は1回目よりはやせ我慢できる痛さだった。痛いのでおすすめはしないが、効果はある。

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00E8BN2FC/

家庭用脱毛器の総評

家庭用脱毛器は自宅で好きなときに脱毛できるメリットはあるものの、デメリットも多いです。比較的照射口が大きいフラッシュ脱毛器でも、脱毛サロンのフラッシュ脱毛器に比べるとヘッドが小さく施術に時間がかかります。手や脇などの狭い部位に使用するには手軽ですが、足全体や背中など面積が広い部位は時間がかかって大変です。

カートリッジ式のものは、使い切ったらカートリッジを買い替えなければなりません。フラッシュ脱毛器はずっと使い続けなければならないので、数千円のカートリッジを定期的に購入し続けることになります。さらに本体の耐久年数の問題もあります。脱毛器はある程度しっかりしたものだと3万円台~6万円台くらいの値段ですが、保証期間は長くて5年です。最低でも5年ごとに本体を買い替え続けなければならないことを考えると、あまりにもコスパが悪いです。

トータルで見ると全身脱毛でも、料金が安いサロンやクリニックで脱毛するほうがコスパが優れています。施術時間もサロンやクリニックなら、全身を一度に脱毛しても2時間程度です。家庭用脱毛器にはもう一つ、重要なデメリットがあります。高い買い物であるわりに、購入前にお試しができないことです。脱毛サロン・クリニックは1回だけのコースなどもあるので、お試しができます。

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器で永久脱毛はできない

まず、家庭用脱毛器では永久脱毛ができないことを知っておきましょう。サーミコン式の脱毛器の説明にも「使い続けると毛が薄くなる」と書かれていますが理論上、サーミコン式で毛が薄くなることはあり得ません。レーザー脱毛器だと年単位で毛が生えなくなる効果が期待できますが、そもそも家庭用レーザー脱毛器より効果が高い医療レーザーでも毛が再生することがあります。冷静に考えれば、医療レーザーより出力が低い家庭用脱毛器で永久脱毛ができるはずがないことがわかります。

家庭用脱毛器は脱毛サロンよりも効果は弱い

家庭用脱毛器は、性能が高いものであればそれなりに脱毛効果が見られます。ですが脱毛サロンのフラッシュ脱毛よりも効果が弱いです。脱毛器自体のパワーの問題もありますが、施術者の技術の問題もあります。脱毛サロン・クリニックの施術スタッフは施術技術の研修などを受けていて、程度の個人差はあってもそれなりに専門技術を持っています。

しかし家庭用脱毛器は一般の素人が自分で施術しなければなりません。利き腕と反対側の腕などは照射漏れが出やすくなりますし、背中やうなじも自分で完璧に照射するのは難しいので、技術的な面でも脱毛サロンよりも効果が劣ります。

カートリッジなど追加費用がかかる

家庭用脱毛器は、1回買ったらそれでお終いではありません。使い続けるためにはカートリッジや本体の買い替え・修理などの追加費用も必要になってきます。

まとめ

いかがでしたか?家庭用脱毛器は一時的に使用するには手軽ですが、使い続けないと効果が維持できません。脱毛サロン・クリニックは料金が高いイメージがあるので、家庭用脱毛器のほうがお得なように感じがちですが、以外にもコスパは家庭用脱毛器のほうが悪いです。最近の脱毛サロン・クリニックは全体的に料金が下がっており、お得なセットプランや割引キャンペーンも充実しています。都度払いで脱毛できるクリニックなどもあるので、安く本格的に脱毛したいなら脱毛サロン・クリニックを検討してみてはいかがでしょうか?

脱毛 おすすめ

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表