3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表

美肌効果あり!顔脱毛のメリットは?

メリットはいくつかあります。
「口の周りに生えている産毛が濃くて、ヒゲのように見えてしまう」と悩んでいる女性が少なからずいるようです。このような悩みから頻繁にカミソリやシェーバーなどで自己処理をすると、顔は皮膚が薄い場所なのですぐに赤みやかゆみなどの肌トラブルが出てしまう人もいます。また自己処理をしてもすぐにまたムダ毛が生えてきて頻繁に自己処理をすることを面倒だと感じている人も含め、脱毛がおすすめです。脱毛をすることで自己処理の面倒さから解放され、毛穴が引き締まって顔色が明るく見えるなどのメリットがあります。

副作用や悪影響は無い?顔脱毛のデメリットは?

副作用の心配はゼロではありません。
顔のムダ毛と言えば産毛のような色の薄い毛がほとんどです。産毛を脱毛することで「硬毛化」というムダ毛が以前よりも太くなる現象が実際にごく一部の人に起こっています。硬毛化の理由ははっきりと分かっていませんが、脱毛の刺激で毛を作る組織が活発化してしまったことが考えられています。また顔はデリケートな場所なので脱毛でも自己処理で起こるような肌トラブルの可能性もありますが、心配な人は事前にパッチテストをうけて施術が肌にあうかを確認したいです。

顔脱毛はエステと医療脱毛どっちがおすすめ?

医療レーザー脱毛がおすすめです。
脱毛サロンの「光脱毛」とクリニックで行う「医療レーザー脱毛」は黒色のメラニン色素に反応する光やレーザーを照射する仕組みです。産毛は色が薄くメラニン色素が少ないのでパワーの弱い光脱毛では十分な効果がでない可能性もあります。そんな時にはパワーの強い医療レーザー脱毛がおすすめですが、クリニックによって様々なレーザー脱毛機が導入されていて産毛には不向きな機械もあります。産毛の処理におすすめの機械の一つに「ダイオードレーザー」があります。クリニックのホームページでどのような脱毛器が導入されているか確認しましょう。
関連記事:顔脱毛が安いおすすめクリニック

顔脱毛が完了するまでの回数は?

医療レーザーの方が早く終了します。
顔に限らず、同じ部位の脱毛は光脱毛よりも医療レーザー脱毛の方が半分以下の回数で済みます。顔は腕や脚、背中などと比べると範囲は狭いながらも産毛なので効果が出るまでに時間がかかり、医療レーザー脱毛の場合は5~6回程で完了します。

顔脱毛の部位・範囲はサロンやクリニックによって違う?

脱毛をする場所により様々です。
脱毛サロンやクリニックでは顔脱毛といっても「口周り」「鼻下」「ほほ」「あご」などと部位が分けられている所がほとんどです。「顔脱毛コース」を設定してこれらの場所を全て脱毛する所もあります。また顔だけでなく他の部位も脱毛したい人の中には全身脱毛を選ぶ人もいるかもしれませんが、全身脱毛には顔を含まない所もあります。自分が希望する部位がコースの中に含まれているかを事前に確認したいです。

顔脱毛の痛みはどれくらい?

個人差があります。
顔は他の部位よりも皮膚が薄いため痛みを感じやすいです。よく痛みの感じ方については「ゴムで弾いた程度」と例えられますが、人によっては全く痛みを感じない人もいます。脱毛サロンやクリニックでは施術を事前に体験できる所がありますので、不安な人は試してみることをおすすめします。

眉毛の脱毛ができるのはどこ?

クリニックで行いましょう。
いうまでもなく眉毛は人目に最もつく場所で、失敗すると取り返しのつかないことになるため慎重に行う必要があります。脱毛サロンでは一部の美容電気脱毛を行っている所を除いて、眉毛を脱毛できる所がほとんどありません。一方でクリニックの医療レーザー脱毛やニードル脱毛であれば眉毛を処理することができます。特にニードル脱毛は毛穴一つずつに対して施術をしていくため、眉毛のように狭い場所や一部だけを処理したい場合にはおすすめの方法です。

顔脱毛の前日はシェービングで自己処理が必要?

必要です。
基本的にどこの脱毛サロンもクリニックも予約日当日までに自己処理をしておく必要があります。もし剃り残しがあった場合、無料もしくは有料で処理をしてくれる所や、指定されたシェーバーを購入すれば無料で処理してくれる所がありますので、事前に確認したいです。また光脱毛と医療レーザー脱毛については毛抜きを使うとムダ毛が毛根から抜けてしまい脱毛の効果が得られないため、カミソリやシェーバーを使って行いましょう。

女なのに青ヒゲが目立つ・・・顔脱毛で消せる?

期待できます。
特に口周囲の産毛を自己処理した時に青ヒゲのように跡が残ってしまう人がいます。口周囲は特に皮膚が薄いため、自己処理で皮膚の上に見えるだけを処理した場合に毛根の部分が透けて見える状態を青ヒゲと言います。脱毛で毛根からムダ毛を無くしてしまえば青ヒゲの悩みも解消されるでしょう。

サロンの顔脱毛は同時にフォトフェイシャルの効果もあるの?

期待できます。
フォトフェイシャルとは肌にIPLという光を照射することで新陳代謝を促す役割があります。これによりシミやそばかす、シワなどを改善する効果、毛穴の引き締め効果などが期待できるのです。ただしフォトフェイシャルは医療機関が行っています。脱毛サロンの光脱毛も同じ仕組みなのでシミやそばかすなどが改善できるかもしれません。(遺伝性のそばかすなどは改善できないこともあります。)

敏感肌におすすめの脱毛方法は?

ソプラノレーザーやライトシェアデュエットがおすすめです。
クリニックによって様々な脱毛器が導入されていて、産毛におすすめの機械、どんな毛質でも処理できる機械、敏感肌の人でもおすすめの機械があります。例えば「ソプラノレーザー」は「毛包(毛穴の一番奥にある毛を作る組織のある所)」に対して熱を照射します。従来のレーザー脱毛で使われるレーザーは黒色のメラニン色素に反応して痛みを感じますが、毛包であれば痛みを感じにくいです。また「ライトシェアデュエット」という機械は肌を吸引することでメラニンに直接照射できるため肌へのダメージが少ないこと、またレーザーを照射するヘッドに冷却装置が付けられているため痛みを軽減させることができます。

ニキビや肌荒れやアトピーがあると顔脱毛できない?

症状によります。
ニキビや肌荒れ、アトピーの症状がひどく出ている人は施術ができないか医師の判断が必要になります。症状が軽い人であれば施術は可能ですが、できれば医療レーザー脱毛よりも光脱毛の方がおすすめで、更に光脱毛の中でも「ハイパースキン脱毛」という方法がおすすめです。ハイパースキン脱毛は毛が自然に抜け落ちた後の毛穴に残っている発毛因子に対して光を照射する脱毛方法で、痛みをほとんど感じることなく、肌にも優しくておすすめです。

銀歯・インプラントがあるけど顔脱毛できる?

銀歯やインプラントの種類によっては可能です。
インプラントについては金属製のものを使っている場合は熱を持ってしまう可能性があるため、施術はできません。またシリコン製のインプラントもありますが施術ができない可能性が高いです。次に銀歯の詰め物などをしている人は施術は可能ですが、場合によっては歯にガーゼなどをして施術をする所があるようです。

シミ・ソバカスがあるけど顔脱毛できる?

症状によります。
光やレーザーがシミやそばかすに反応して後で火傷のような状態になる可能性があります。いずれも色が濃すぎる場合はテープで隠したり、レーザーで先に除去する所もあるようです。心配な人はカウンセリングの際にシミやそばかすの濃さをチェックしてもらいましょう。

生理中や妊娠中に顔脱毛できる?

生理中は脱毛をする場所により可能、妊娠中は不可能です。
生理中は「部位によっては施術が可能」な所と「どこの部位でも施術は出来ない」所があります。特にVIOラインについては確実に施術はできません。また妊娠中はホルモンバランスが乱れていて脱毛で十分な効果を得られないことから「一時休止扱い」になる所がほとんどです。一部の脱毛サロンでは部位を限定して産後から施術ができますが、ホルモンバランスが安定する授乳が終了してからまた再開しましょう。

顔脱毛の当日はメイクやアイプチしても平気?すっぴんで行きたくない・・・

可能です。
施術の直前にクレンジングを行いますのでメイクをしていっても構いません。アイプチに関しては主にクリニックで眉毛の脱毛をする際に影響する可能性もありますので問い合わせてみましょう。

夏は顔脱毛できない?

脱毛をする場所によります。
普段からケアをしていても顔はどうしても日焼けをしてしまいがちで、光脱毛やレーザー脱毛は日焼けをしていると施術後に日焼けのような状態になるため、6~9月は顔脱毛ができない脱毛サロンがあります。いつでも顔脱毛ができる所もありますのでそのような所を選んだ方がよいでしょう。

自宅で除毛クリームや脱毛ワックスで顔脱毛は危険?

正しい方法で行えば安全です。
除毛クリームは毛を溶かす成分が含まれているクリームです。また脱毛ワックスは塗ってしばらく置き、テープといっしょにはがすことで毛根から一気に抜ける仕組みです。除毛クリームに関しては「顔用」がありますが、それでも慎重に行わないと赤みやかゆみが出てしまいます。ボディ用は使ってはいけません。使用方法を事前に確認しましょう。

脱毛 おすすめ

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表