gf2160379129

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表

やってよかった!VIO脱毛のメリットは?

メリットはいくつかあります。
デリケートゾーンにムダ毛があることで生理の時や夏の暑い時期に蒸れてかゆみや臭いなどの肌トラブルが起こりやすいです。また水着や下着を着た時にムダ毛がはみ出して恥ずかしい思いをした人もいるのではないでしょうか。そもそもアンダーヘアの自己処理は自分では簡単にはできない人が多く、頻繁に行うことを面倒だと感じている人も多いでしょう。このような悩みは脱毛をすれば解消することができます。

副作用やリスクは大丈夫?VIO脱毛のデメリットは?

痛みや副作用のリスクはあります。
VIO脱毛には上記のようなメリットがありますが、デリケートゾーンは毛根が皮膚の深い場所にあること、また肌が薄いことから施術で痛みを感じやすいです。特にIラインやOラインでは効果の高いレーザー脱毛は「痛くて耐えられなかった」と口コミを寄せている人がいますが、病院であれば麻酔をして痛みを軽減させることができます。それでも脱毛をした後に肌に赤みやかゆみがでることもありますがこれは他の部位でも同じであり、もし何か副作用があればすぐに脱毛をした所に相談することが重要です。

VIO脱毛でデリケートゾーンの黒ずみ・色素沈着は解消する?

改善が期待できます。
デリケートゾーンのムダ毛の自己処理を頻繁に行ったことで黒ずみや色素沈着が起こっている人がいるかもしれません。これらは症状が軽ければ脱毛は可能で、脱毛すると解消できる可能性がある一方で、黒ずみや色素沈着の症状がひどいと脱毛できない可能性もあります。このような場合には肌色に関係ない病院で行われている「ニードル脱毛」はおすすめですが、かなりの痛みを伴うことがあるため、まずはカウンセリングで黒ずみや色素沈着の状態を確認してもらい、最適な脱毛方法をアドバイスしてもらいましょう。

VIO脱毛した方が衛生的?におい・かゆみ改善に効果ある?

改善が期待できます。
デリケートゾーンは生理の経血や汗、尿などで常に湿気の多い状態で、これらの部位にある常在菌がこの湿った環境を大変好んで繁殖することでにおいやかゆみを起こします。脱毛をしてムダ毛がなくなって清潔になればこれらのトラブルを改善できる可能性があるのです。またこのようなトラブルに悩まされている人は通気性のよい下着を着けることをおすすめします。

VIO脱毛の範囲はどこまで?サロンやクリニックによって違うの?

脱毛をする場所によって様々です。
簡単に言えば「Vライン」はアンダーヘアのある部分、「Iライン」は女性器の周辺、「Oライン」は肛門周辺になります。部分脱毛を行っている脱毛サロンやクリニックでは「VIOライン」「ハイジニーナコース」などという名前でVIOライン全体を処理するプランや、「Vライン」「Iライン」「Oライン」という名前の部分脱毛を行っている所があり、Vラインについては「トライアングル上」「トライアングル下」「Vラインサイド」などのコースもあるのでVライン全体を脱毛したい場合でも複数箇所契約しなければならない所もあります。

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛は何が違うの?

脱毛をする場所によって意味は様々です。
VIO脱毛とハイジニーナ脱毛は同じデリケートゾーンの脱毛を指す場合がほとんどです。しかしハイジニーナとは「アンダーヘアをツルツルにすること」という意味を持つことからこのように処理することもあり、海外セレブの間では当たり前になっている所もあるようです。もちろんツルツルにする必要はありませんので、事前に希望を伝えることが重要です。

VIO脱毛、脱毛エステとクリニックのレーザー脱毛どっちがおすすめ?

「痛みのなさ」か「効果の出方」で選びましょう。
上の項でも説明したようにデリケートゾーンの脱毛は他の部位よりも痛みを伴いやすく、効果が出るまでに時間がかかります。早く徹底的にムダ毛をなくしたい人あればパワーの強い医療レーザー脱毛がおすすめですが、痛みに弱い人や肌が弱い人は脱毛エステの光脱毛がおすすめです。
関連記事:VIO脱毛が安いおすすめクリニック

VIO脱毛完了までの回数や期間はどのくらい?

脱毛サロンの方が回数が必要です。
ムダ毛の量により個人差はありますが、脱毛サロンの光脱毛であれば12~18回、病院であればこの半分程度の回数で済みます。病院なら1年程度、脱毛サロンは2年程通うと思った方がよいでしょう。デリケートゾーンの脱毛は効果が出にくく、脱毛サロンでは「回数無制限プラン」を行っている所がありますので、このような所で満足できるまで処理をしてもらってもよいかもしれません。

VIO脱毛は痛い?痛くない脱毛方法は?

痛みについては個人差があります。
上の項でも説明したようにVIO脱毛は他の部位よりも痛みを感じやすいです。痛みに弱い人はできるだけ痛みの少ない脱毛方法で行うことが望ましく、基本的には脱毛サロンの光脱毛の方が痛みは少ないです。そして光脱毛の中でも「ハイパースキン脱毛」という方法が痛みは更に少ないです。従来の光脱毛はメラニン色素に光が反応する際に痛みを感じますが、ハイパースキン脱毛は休止期の毛穴(メラニン色素はない)に対して光を照射するため痛みを感じにくいのです。もしくは「S.S.C.脱毛」という方法もおすすめです。ムダ毛が生えてくることを抑える成分が含まれたジェルを事前に使う仕組みで、光はジェルだけに反応するので痛みが少なくておすすめです。
関連記事:VIO脱毛が安いおすすめサロン

効果が早いVIO脱毛は?

医療レーザー脱毛がおすすめです。
上の回数の所でも説明したように同じ部位でも医療レーザー脱毛は光脱毛の半分程度の回数ですむため、早く効果を得ることができます。その分痛みを感じやすく、料金も高くなりますので自分にあった方法で行いたいです。

VIO脱毛でパイパンじゃなくて生えてる範囲を小さくしたり形をデザインすることできる?

可能です。
脇や腕、脚などと同様にVIO脱毛でデリケートゾーンをツルツルにするイメージを持っている人もいるかもしれませんが、ツルツルにする必要はありません。Vラインの人気のある方は卵型や逆三角形型、その他にも長方形型などもありますが、分からなければ「自然な形」でと言えばそのようにアドバイスをしてくれるはずです。

VIO脱毛でツルツルじゃなくて毛量を減らして薄くすることできる?

可能です。
上の項でも説明したようにVラインはツルツルにする必要はなく「下着からはみ出さない程度」というような希望がある人もいるかもしれません。脱毛サロンや病院でVIO脱毛をする際、光やレーザーを照射するとまばらにムダ毛が残ってしまう可能性があるため、最初の2~3回は全剃りして施術をする所があります。そして回数を重ねるうちに毛を作る組織の働きが弱くなっていくため、次第に毛が細くなっていき薄くすることができるでしょう。

VIO脱毛で剛毛な毛質は柔らかくなる?

柔らかくなります。
アンダーヘアは他の部位よりも太い毛が多いですが、とりわけ剛毛で困っている人がいると思います。光脱毛もレーザー脱毛も1回で終わるわけではありませんが、回数を重ねるうちに次第に毛が細くなっていく仕組みなので剛毛も柔らかくすることができるでしょう。全体的に毛を細くしたいのであれば数回は全剃りしてから照射した方がよいかもしれません。

VIO脱毛前日はどこまでシェービングすればいい?全剃り?

脱毛サロンや病院の指示に従いましょう。
脱毛をする場所によっては最初に全剃りして光やレーザーを照射することもあります。全剃りしない場合、Vラインは始めにハサミなどで毛を短くカットしてからシェーバーやカミソリで処理をしましょう。(毛抜きを使った処理は毛根から毛が抜けてしまい、脱毛の効果を得られません。)IラインやOラインは鏡を使ったり、自分で実際にお肌を触りながら慎重に行いましょう。できれば自己処理後にお肌を消毒しておくことをおすすめします。

生理中・妊娠中・授乳中はVIO脱毛できない?

できません。
生理中はVIOの脱毛はできないため、予約をしなおす必要があります。また妊娠中や授乳中はどの部位であっても脱毛はできず「一時休止扱い」になる所がほとんどです。授乳中であれば部位を限定して脱毛できる脱毛サロンはありますが、VIOラインはできないと思った方がよいでしょう。授乳を終えたらまた再開しましょう。

除毛クリームやブラジリアンワックスよりVIO脱毛の方がおすすめ?

自己処理が面倒なら脱毛がおすすめです。
除毛クリームやブラジリアンワックスには毛を溶かす成分が含まれています。使用することで皮膚の上に見えている毛だけを処理することができるため1週間程度たつとまた新しい毛が生えてきます。またデリケートな場所で方法を間違えると肌トラブルも起こりやすいです。除毛クリームやブラジリアンワックスは頻繁に処理しなければならならず、面倒だと感じる人や肌トラブルが心配な人は脱毛をおすすめします。

VIO脱毛したいけどやっぱり恥ずかしい?

誰でも最初は恥ずかしいです。
実際に施術中も恥ずかしい格好をして行うことになりますが、エステティシャンは何人もの人を施術してきているため恥ずかしさはなく、誰でも次第に慣れてくるはずです。

VIO脱毛してること彼氏に言う?

彼氏に言う必要はありません。
ある調査では日本人男性はVラインがツルツルな女性を見るとショックを受ける人が多い傾向にあるため、全剃りして行うのであればトラブルを避けるためにも事前に言っておくとよいでしょう。また脱毛直後は肌がデリケートになっているため数日は「仲良し」はしない方がよいでしょう。

脱毛 おすすめ

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表