w20-01-19

名前 たんぽぽ
性別 女性
年齢 20代
職業 主婦

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表

ハサミでカットするも失敗して流血

私は、何度もムダ毛処理で失敗してしまったことがあります。

初めての失敗は、小学校6年生のときです。
その頃、おしゃれに目覚めてきて、ムダ毛を処理したいと思うようになっていました。ですが、小学生の私にはムダ毛を処理するカミソリがどこに売ってあるか分かりませんでした。親に聞いたらなんだか怒られそうだし、友達よりも一歩先を進んでいたかったので、聞けませんでした。

そこで思いついたのが家にあった普通のハサミでムダ毛をカットすることです。それはもう、カミソリ等に比べてはるかに時間はかかるし、たまに、皮膚まで切ってしまい、出血してしまったりしていました。

安いカミソリのせいでカミソリ負け

次にした失敗は、中学生の頃です。カミソリが薬局などで販売していることを発見し、カミソリでムダ毛処理するようになっていました。3日に一回くらいのペースでムダ毛処理していたのですが、切れ味が悪くなるまで使っていたのですが、カミソリは消耗品なので、中学生の私には、カミソリを買うお金がもったいなく感じました。

100円均一にもカミソリがあることを発見し、使ったのですが、肌の弱い私には合わず、カミソリを使った顔や腕、脚など、真っ赤になりとてもかゆくなってしまいました。その肌で学校に行くのが恥ずかしかったです。

それから、夏休みなんかは暇なのでカミソリ代ももったいないし、抜いた方が次にムダ毛が生えてくるまでに時間がかかるし毛抜きでムダ毛を抜こうと思いつきました。

抜き方が悪かったのか、涙が出るほど痛いし、抜いた後の毛穴が真っ赤になってしまっていました。そして毛抜きで抜いた所から生えてきたムダ毛は、なぜだか以前より濃い剛毛なムダ毛が生えてきました。

パンツからハミ毛が・・・

そんなこんなで社会人になり、自分の肌にあうカミソリにも出逢い、ムダ毛とも上手に暮らしていました。

しかしそれは20代前半の頃。私史上最大に恥ずかしい出来事が起こってしまいます。

10代の頃から私はミニスカートや、ショートパンツが大好きでよく着ていました。ある日、ショートパンツを着て電車の座席に座っていました。

下に物を落としてしまったので、それを取ろうとしたときに、自分のお股が見えました。そこには、ショートパンツの隙間から見えたパンツからはみ出る沢山の陰毛。悶絶でした。

私は、人様から見えるところではないし、今までVゾーンをあまり気にしたことはありませんでした。一体いつから私のVゾーンはそんなにパンツからはみ出すほどの無法地帯になっていたのか分かりません。言えなかっただけかもしれませんが、彼氏にも指摘されたことはありませんでした。

そのことに気付いてからは、パンツの中に収まるようにVゾーンもちゃんと処理するようにしています。

管理人のコメント

10代の頃はお金も無いので、ムダ毛の自己処理に苦労した人も多いでしょう。今では脱毛サロンも価格がだいぶ下がっていて、キャンペーンを利用すれば数百円でワキやVラインの脱毛が受けることができます。自己処理するよりも脱毛サロンに行った方が安く早くムダ毛の悩みを解消することができますよ。

脱毛 おすすめ

コスパと効果で選ぶ!脱毛おすすめ方法とサロン・クリニック早見表