「VIO脱毛したい。エピレに行こうと思うけど、何回で効果が分かるものなの?」、「エピレでVIO脱毛しようと思うけど、他にもっとおすすめのサロンがあったら教えて」。

ここでは、エピレでのVIO脱毛を検討している人のために、エピレのVIO脱毛についてまとめました。

エピレのVIO脱毛の効果回数どの程度まで自己処理すればよいか、どんな服装で行けばよいかなどを紹介します。

エピレよりもVIO脱毛におすすめのサロンも紹介するので、参考にしてください。


エピレのVIO脱毛の効果や回数は?

2~3回目から効果が表れる

VIOは毛が太くて脱毛の光が反応しやすいので、早くから脱毛効果を実感しやすい部位です。

ですが、光脱毛は照射出力が低く、毛量の減り方が非常にゆっくりなので、1回目の施術では効果が分からないことがほとんどです。

エピレでVIO脱毛施術した人の場合は、2~3回目から毛量が減ったという意見が多いです。

脱毛が終わるまでの回数は、どの程度まで脱毛したいかなどで個人差もありますが、Vラインは12回以上I/Oラインは18回以上を見ておくとよいです。

部分的に抜けないという人は照射漏れの可能性も

部分的に抜けない毛がある場合は、照射漏れの可能性があります。照射漏れの場合は、脱毛器の照射口の形に毛が残る特徴があります。

1列だけごっそり毛が残っていたり、凹凸がある部位の凹んでいる部分だけ毛が残っていたりといった場合は、照射漏れの可能性が高いです。

エピレは施術がとても丁寧で、一つの部位を2回ずつ照射するので、照射漏れが出ることはごく稀です。ですが、一部だけ毛が残ってしまったときは、通っている店舗に相談してみましょう。

まばらに毛が残るのは毛周期が原因

照射漏れの場合は、毛の残り方に特徴的な規則性があります。ですが、数本単位などでまばらに毛が残っている場合は、照射漏れではなく、毛周期の影響で効果が出ていない可能性が高いです。

エピレの脱毛は、毛の成長段階のうち、「成長期」の毛にしか効果が出ません。施術のときに成長期でなかった毛は、脱毛されずそのまま残ります

毛周期が原因で残る毛は、照射漏れのような規則性はなく、不規則にちょこちょこと残ります。これらの残った毛は、成長期になるタイミングを待って施術すれば効果が出ます

その他には、黒ずみなどの色素沈着がある部分だけ抜けにくくなるといったことも起こり得ます。

口コミでも評判が高いエピレでの脱毛

毛周期の関係などで抜けにくい毛が出てくることはありますが、エピレの脱毛は基本的に評判がよいのでおすすめです。

エピレに通っている人の口コミでは、「施術が丁寧で、他のサロンより照射漏れが少ない」、「効果を実感できている」など、好意的な意見が多く見られます。

脱毛しかやっていないので、美肌や痩身などのメニューをあれこれすすめられる心配もありません。

初めての人にはお得な料金で体験!

エピレには、初めての人が対象のお得なキャンペーンプランもあります。キャンペーンプランなら、格安でお試しできるので、エピレの利用が初めてでも安心です。

また、通うのを止めたくなったときは、解約と残金の返金も可能です。キャンペーンプランの場合は、満足できなければ全額返金してもらえます。

ただし、過去にエピレまたはTBCを利用したことがある場合は、キャンペーンプランは利用できません。

なお、キャンペーンプランは1人1種類までしか契約できません。VIOの他にも脱毛したい部位があって迷ってしまう人は、どのキャンペーンプランを選ぶべきかカウンセリングで相談するとよいです。



エピレのVIO脱毛の疑問を解消

毛の長さは2ミリ以内になるように剃る

エピレにはシェービングサービスがありません剃り残しの部分は照射してもらえないので、しっかり自己処理して行く必要があります。

ですが、ツルツルになるまで剃らなければいけないわけではなく、毛の長さが2ミリ以内に収まるように剃れていれば問題ありません。

VIOは自己処理が難しい部位ですが、エピレでは上手に剃るためのイラストつき案内書がもらえるので、それを参考にして剃るとよいです。

自己処理の道具は、電気シェーバーが肌への負担が少なくておすすめです。フェイス用に売られているI字型のものか、Iライン専用の電気シェーバーが使いやすいです。

洋服は上下が分かれている服がおすすめ

エピレのVIO脱毛やVライン脱毛は、お店が用意する紙ショーツに着替えて施術します。服装の制限は特にありませんが、上下が分かれている服で行くのがおすすめです。

ワンピースなどだと紙ショーツ以外丸裸で施術を受けることになりますが、上下が分かれている服装なら、上半身だけは服を着たままにしておけます

なお、施術後は肌が敏感になっていて、少しの摩擦でも負担になりやすいです。施術後の肌トラブルを避けるために、VIOを締め付けない下着や衣類を選ぶことも大切です。

施術するときの体勢は?

Vラインは仰向けのままOラインはうつ伏せか横向きIラインは足を片方ずつ開いて施術します。

なるべく恥ずかしさを感じずに済むように配慮しながら、手早く照射を進めてくれるので、VIO脱毛でエピレに通っている人もたくさんいます。

VIO脱毛に一番おすすめなのはミュゼ

エピレの脱毛は評判がよいので、エピレでVIO脱毛するのもアリですが、エステのVIO脱毛で一番おすすめなのはミュゼです。

ミュゼの方が値段が安く、施術範囲も広いです。さらに、脱毛の方式もエピレは一般的なIPL脱毛ですが、ミュゼは痛みが少なく肌への負担も少ないS.S.C.脱毛を採用しています。

VIOは皮膚が薄くてすぐ下に骨があり、粘膜にも近いことから、IPL脱毛だと痛みを感じやすい人もいます。痛みのすくなさでもミュゼの方がおすすめです。

ミュゼ

部分脱毛が安く、お試しキャンペーンも充実しています。痛みが少ないS.S.C.脱毛を採用しているので、VIO脱毛したい人にも人気です。他のサロンに比べて、肌への負担も少ないです。VIOの施術範囲が広く、しっかり脱毛したい人も安心です。


まとめ

エピレのVIO脱毛は、2~3回目くらいから効果を実感できたという意見が多いです。1部位を2回ずつ照射するので、照射漏れも少ないです。

ですが、一列だけ毛がごっそり残っているなどの場合は、照射漏れの可能性があるので、通っている店舗に相談してみましょう。

毛周期の関係で数本ずつ、まばらに毛が残ることもありますが、毛周期が原因の場合はそのまま脱毛を続けていけば抜けます

エピレ・TBCが初めての人なら、お試し用のお得なキャンペーンプランも利用できます。

ただし、エピレは剃り残しの部分は照射できないので、毛の長さが2ミリ以下になるように自己処理して行く必要があります。

服装は上下が分かれていて、施術部位を締め付けないものが快適です。

なお、VIO脱毛はミュゼの方が安くて痛みも少ないので、どうしてもエピレがよいのでなければ、ミュゼも検討してみるとよいでしょう。