「ミュゼに脱毛に行きたいけど、勧誘があるかどうか心配…」と思っている人も多いのではないでしょうか。勧誘を上手に断る自信のない人は、予定外のコースを契約させられてしまうかもと不安になりますよね。

特にミュゼは激安料金のキャンペーンを行っているので、「この料金だけでOKのわけはない。高いコースを勧誘させるに違いない」と不安も大きくなるでしょう。

この記事では、ミュゼの勧誘の実態はどうなのか、安いプランの契約だけでも大丈夫なのか、万が一勧誘されたときの対応の仕方について説明します。ミュゼの勧誘が心配な人は、この記事を参考にして、不安を解消してください。

勧誘されないと有名なミュゼの実態は?

勧誘がないと口コミで評判

ミュゼは勧誘がないことで有名ですが、実際のところはどうなのでしょうか。実態を知るには、やはり実際にミュゼに行った人の体験談が、一番信憑性があります。体験者の口コミを調べてみました。

口コミで目立つのは「勧誘はなかった」というものです。ほとんどの人が勧誘はないと口コミしています。ただ、まったくなかったのかというと、「案内程度はあった」というものも多いです。案内というのは、「今なら、安くできますよ」といったようなキャンペーンなどの案内です。

受け取り方は人それぞれですので、軽い案内でも「勧誘された!」と感じる人もいます。でもお得にできるコースがあるのに教えられずに、後から「教えてくれればよかったのに!」と思うよりは、むしろ案内くらいはあっても良いのではないかともいえます。興味がなければ、きっぱりとその旨を伝えるようにしましょう。

会社のノルマがない

ミュゼの公式サイトには「勧誘はない」と載っています。ミュゼの会社のスタッフ募集でも「ノルマなし」と載っていて、会社自体にノルマがなく、無理に売り込むという風習がないので、本当に勧誘はありません

勧誘があるサロンでは、スタッフの意思で売り込んでいるというより、サロンのマニュアルに従っている場合が多いです。契約ノルマがある場合もあります。

しかし、勧誘もなく、安いキャンペーン料金で契約する人ばかりでは、ミュゼの経営が危なくなるのではないかという心配もあります。

勧誘がなくてもミュゼの経営が大丈夫な理由は、スタッフの対応が良い優良サロンであることで、勧誘しなくても契約する人がいるからです。勧誘しないことで、ミュゼの信用は高まり、結果的に契約者も増えています。

店舗によっては勧誘されたという意見も

では、まったく1人も勧誘されたといっている人がいないのかというと、残念ながら少数ですが勧誘されたという口コミがあります。

キャンペーンをやっている脱毛だけのつもりだったのに、しつこく勧誘をされた、ちょっとほかの部位の脱毛にも興味があると言ってしまったら、勧誘されてなかなか帰れなかったなど。

口コミを見ていると、勧誘で不快な思いをしたのは、ごく少数です。案内程度はありますが、断ればしつこくされることはないので、神経質にならなくても大丈夫ですよ。ミュゼで勧誘をされることは、滅多にありません

勧誘をされて嫌な思いをしたら、次からは近くの別の店舗に通うようにしましょう。ミュゼでは店舗移動が自由にできます。また勧誘するスタッフが担当だったらどうしよう…、と不安な気持ちで通うのは避けたいですよね。

100円キャンペーンや脇だけの安いプランでも利用できる?

ミュゼでは、激安料金のキャンペーンを実施していることが多いのが魅力です。「キャンペーンコースだけで終わるわけがない、ほかの高いコースに勧誘されるに違いない」と心配になりますよね。

ところが、ほかの高いコースを勧誘されることはありません。100円キャンペーンであれば、100円で契約ができます。「こんなに安くていいのかな」と通うほうが心配になってしまうくらい、勧誘はありません。そして安いキャンペーンで通っているからといって、気分を害するような対応をされることもありません

脇脱毛だけなどの部位ごとの脱毛や、キャンペーンのプランだけでも組めるで、心配することなく、ミュゼに通ってくださいね。ただ、例えばもっとお得なコースがあれば、案内程度はされることはあります。興味がなければ、断ればそれ以上、しつこくされることはないので安心してください。

ミュゼで勧誘された場合の断り方は?

勧誘はないはずのミュゼですが、少数派であっても勧誘された人がいます。勧誘されたら、きっぱりと興味がないと伝えることが大切です。万が一、勧誘されてしまったらどうすればいいのか、対策をまとめてみました。

自分だけでは決められない

希望している以外のコースを勧められたときは、「自分だけでは決められないので」と言いましょう。

具体的に、親や夫、彼氏などに相談してからではないと決められないと伝えるのもよいです。自分だけでは決められないと言っているのに、決めるように勧めてくるのは勧誘になってしまいます。ミュゼではコースの案内はあっても、強引な勧誘はしないサロンです。

帰ってからゆっくり考える

勧誘されていると感じたら、「今は決めるつもりはないので、家に帰って考えます」と言って断りましょう。または、「今日は契約するつもりはありません」と伝えましょう。

カウンセリングのときに勧誘されて嫌だなと感じるようなことがあったら、そのサロンで契約する必要はありません。カウンセリングは、行ったからといって必ず契約しなければならないものではありません

カウンセリングだけで帰ってくるのもOKなので、少しでも納得がいかないことがあれば、「考えてからにします」と言ってカウンセリングだけで帰ってきましょう。

今はお金も時間もないから脱毛の余裕がない

勧誘されたら、そのコースを「契約するお金がありません」と断りましょう。ローンで分割払いもできますよと言われるかもしれませんが、「時間もないので、通えないし、ローンも無理」と伝えましょう。

お金がないと言っているのに、分割払いのローンを進めてきたり、通う時間もないと言っているのに契約を勧めてきたとしたら、立派な勧誘です。「お金はない」「ローンは組めない」旨をしっかり伝えて、それでもしつこいようであれば、「ほかにお金を使うことが決まっている」と言いましょう。なにに使うのかと聞かれたとしても、答える必要はありません。

もし断れなくてもクーリングオフできる

ミュゼではしつこい勧誘はないはずですが、万が一、面と向かって断ることができずに、つい契約してしまって後悔している場合でも諦めないでください。契約から8日以内であれば、クーリングオフ制度が適用になります。

クーリングオフ制度が適用になる条件です。

  • 契約日から8日以内
  • 契約期間が1か月以上
  • 契約金額が5万円以上

上記の条件を満たしていれば、難しい手続きも必要ありません。電話をかけて解約手続きを済ませたという人もいます。電話での対応がハッキリしなければ、早めに書面でクーリングオフを申請しましょう。

クーリングオフの書面の書き方

クーリングオフの書面の書き方の説明です。

紙に、

  • 契約日
  • 販売会社名(ミュゼプラチナム)
  • 住所(契約書を参考にしましょう)
  • 電話番号(契約書を参考にしましょう)
  • 商品名(クーリングオフしたいコース)
  • 金額(契約金額)

を記入して、「上記契約または申し込みを解除いたします。」と書き、自分の住所、氏名、返金振込口座を記入して、郵便局から簡易書留で送ります。簡易書留にする理由は、相手が受け取った証明になるからです。

返金システム

考えているうちに、契約から8日を過ぎてしまったという人も、安心してください。ミュゼには返金システムがあります。解約という形になりますが、解約手数料もかかりません

解約の返金は、契約日から3年以内というのが条件になっていますが、契約後にすぐ解約したくなったのなら、条件は満たせますよね。1度も施術を受けていないのであれば、全額返金されます。もし施術を開始していたとしても、解約をすれば、消化していない回数分は返金してもらえます。

解約を希望する場合は、ミュゼのコールセンターに電話をして「解約をしたい」と伝えましょう。あとは、指示の通りに解約の手続きを踏めばOKです。

まとめ

脱毛サロン通いを検討するときに、心配になる勧誘の問題ですが、公式サイトにも記載されている通り、実際にミュゼでは勧誘がありません。勧誘らしきものがあるとしても、キャンペーンの案内程度で、興味がないと言えば、それ以上勧めてくることもありません。

100円などの安いキャンペーンでも、ほかのコースと一緒でないと契約できないことはありません。安いキャンペーンコースだけでも契約可能です。

しかし少数ですが、勧誘があったという口コミもあります。勧誘されたら、きっぱりと契約の意思がないことを伝えましょう。また、うっかり契約してしまった場合でも、クーリングオフ制度や解約制度があるので安心です。