「顔の産毛が気になる…」、メイクのノリも悪いから自己処理をしているけれどカミソリだと面倒、お金を出してプロに処理をしてもらおうとまでは思わないけれど、簡単な自己処理方法があれば知りたい!と思っていませんか?

自宅でできる簡単な処理といえば、脱毛クリームですよね。ここでは顔脱毛ができる脱毛クリームは市販されているのか顔脱毛は脱毛クリームできれいにできるのか、ということについて説明します。

顔の脱毛なだけに、絶対失敗したくないですよね。脱毛クリームで顔脱毛をしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

顔脱毛に脱毛クリームを塗るのは危険

脱毛クリームはパーマ液と一緒

脱毛クリームは、パーマ液と同じにおいがします。これは「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ剤のにおいで、パーマ液にも含まれています。

チオグリコール酸カルシウムは、毛に含まれているたんぱく質を溶かします。パーマ液のチオグリコール酸カルシウムは、髪の毛のたんぱく質を溶かして、髪の毛を変形させ、好みの形に整えます。

脱毛クリームに含まれているチオグリコール酸カルシウムは、パーマ液に含まれているより濃度が高く、毛を溶かして除毛します。毛を溶かすほどの高い分解力を持つ脱毛クリームは、毛だけではなく肌も溶かしてしまいます。

脱毛クリームを使ったら、肌がヒリヒリしたという体験を持つ人もいるでしょう。特に皮膚が薄い顔に脱毛クリームを使うのは、肌トラブルの原因になります。

市販の脱毛クリームはほとんど顔に使用することはできない

もしも手元に脱毛クリームがあれば、注意書きを確認しましょう。ほとんどの脱毛クリームには「顔には使用しないでください」と書かれているはずです。

これから店に買いに行くという人は、商品の注意書きを確かめてください。顔脱毛についての記載がなければ、店員さんに確認しましょう。ネットで買う場合も同じです。商品説明をよく読んで、顔脱毛についての記載がなければ販売者に問い合わせをしましょう。

ほとんどの脱毛クリームは、顔脱毛に使うことはできません顔の毛の悩みに対応できるクリームは珍しいです。基本的に脱毛クリームは顔脱毛NGと思っていたほうがよいでしょう。

脱毛クリーム=除毛クリーム

そもそも脱毛クリームに脱毛効果はナシ

脱毛クリームという呼び方から、脱毛クリームを使うと毛が生えてこなくなるイメージを持つ人もいます。しかし、“脱毛クリーム”は正しくは“除毛クリーム”です。

脱毛クリームには、表面に出てきている毛をなくす効果しかありません毛根は残っているので、また生えてきます。毛が濃い人ほど生えてくるスピードも早いので、2日もしたら毛穴から生えてきた毛がポツポツと目立つようになるということが起こるでしょう。

あなたがしたいのは、脱毛ですか?それとも短い間でも生えている毛がなくなればいいという除毛ですか?

とりあえず急ぎで、一時的であっても、今生えている毛をなくしたいということであれば、脱毛クリームを使うのもよいでしょう。とはいえ、腕や足用の脱毛クリームを顔に使うのは、絶対にNGですよ。

顔専用の抑毛クリームにも注意が必要

「じゃあ、やっぱり顔の脱毛はカミソリ以外にないのか…」とあきらめてしまいそうですが、顔脱毛はクリームではできないという常識が覆されました。顔の産毛に悩む女性の声が反映されたのか、最近になって顔の産毛専用の抑毛クリームが登場したんです。

脱毛ではなく抑毛なので、生えてくる毛をだんだん薄くしていくという商品です。「顔専用」なので、顔に安心して使えます。しかし、やはり使用するには注意が必要です。人によっては、肌に合わないということもあります。肌が弱い人は、炎症を起こして赤くなってしまったり、ブツブツができてしまったりします。

トラブルを防ぐためには、次のことに気をつけましょう。
●鼻の穴や唇・目には絶対に入れない
●低刺激の商品を使う
●必ずパッチテストを行う

パッチテストのやり方を説明しますね。

パッチテストのやり方

パッチテストとは、肌がアレルギーを起こさないかどうかを確かめることです。パッチテストのやり方ですが、今回は顔に使うクリームなので、顔の目立たない場所を選びます。範囲が狭すぎても結果がわかりにくいので、直径2㎝くらいを目安にするようにしましょう。クリームを塗って、1日放置します。

肌がかゆくなったり、赤くなったりという問題がなければ、そのクリームを使ってもOKということです。肌トラブルが起きてしまったら、肌に合わないということなので、使うのはやめましょう。1日経つ前に肌に異変を感じたら、すぐに洗い流すなどの対処をしましょうね。

パッチテストをクリアしたとしても、肌トラブルが起きてしまったら自己責任です。肌の調子を見ながらクリームを使用するようにして、アフターケアも怠らないようにしましょう。

安全に確実に顔脱毛するならクリームよりもプロの手

自己処理では難しい細部まで施術可能

できるなら自宅で、自己処理で済ませたい顔脱毛であっても、やはり安全で確実に処理したいのなら、プロの手を借りることがおすすめです。きれいになるための処理で、逆にトラブルを起こすことは避けたいですよね。

自己処理だと鼻下や口周りなど、自分で見えるところしか処理ができません。しかしサロンやクリニックでの施術を受ければ、照射範囲の確認は必要ですが、もみあげや首まで処理が可能なところもあります。

顔脱毛をしたい人の中には、「実は自己処理しないと眉毛がつながってしまう…」という人もいますよね。眉毛の処理こそ、プロに任せたほうがよいです。自分で処理をして間違って生えてこなくなってしまったということになったら大変です。生えている毛を処理するより、生えない毛を生えるようにすることはかなり難しいことです。

アリシアクリニック

アリシアクリニックの脱毛メニューには、「全顔脱毛セット」があります。脱毛範囲は、鼻下・口下・アゴ・両ホホ・額・眉毛・眉間・首です。アリシアクリニックで使用している脱毛機はライトシェアデュエット。痛みが少なく、高い脱毛効果が期待できますよ。

クリニックならトラブルにも適切な処置が即座にできる

脱毛施術を受けるには、脱毛クリニックに通う方法と、脱毛サロンに通う方法があります。脱毛クリニックには、医師が常駐しているので、施術を受けて肌トラブルが起きてしまったときにでも、すぐに対応してもらえます。

また、脱毛クリニックでは出力の高い脱毛機をつかえるため、脱毛サロンの施術よりも効果が高いです。脱毛サロンの施術は抑毛、減毛効果しかありませんが、脱毛クリニックの施術は永久脱毛です。脱毛完了まで通えば、その後は自己処理しなくてもよくなります。

以前は脱毛クリニックの施術は脱毛サロンより高額で通いにくいというイメージがありましたが、最近ではリーズナブルな料金で通える脱毛クリニックが増えています

湘南美容外科

湘南美容外科の顔脱毛は、額・もみあげ周囲・頬・鼻下・アゴ・アゴ下をセットにしたメニューと、うなじ、額、鼻下、顎、顎下、首の1部位ずつのメニューがあります。導入している脱毛機は、美肌効果も期待できるジェントルレーズとIPL脱毛ができるオリジナル脱毛機の2種類です。

美肌効果も期待できる

使用している脱毛機の種類にもよりますが、脱毛クリニックや脱毛サロンでの施術は、脱毛と同時に美肌効果も期待できます。通うなら、使っている脱毛機が何なのかもチェックするとよいでしょう。

脱毛クリニックの脱毛機なら、アレキサンドライトレーザーを照射するジェントルレーズが美肌効果も期待できますよ。

脱毛サロンの施術は、脱毛と同時に美肌になれるような工夫をしています。各サロンで施術のときに湿布してくれるジェルには美容成分がたっぷり含まれているので要チェックです。

脱毛の照射は少なからず肌に負担をかけます。照射によって水分を奪うので、保湿がとても大切になります。美肌効果も期待できる脱毛機で照射してもらえて、美容成分たっぷりのジェルを湿布してもらえれば、肌を守りながら美しくムダ毛をなくすことができますよ。

ディオーネ

ディオーネのハイパースキン脱毛は、照射時に高熱を当てることがないので敏感肌でも子供でも肌への負担なく施術が受けられます。また照射に、肌内部でコラーゲンを生成させる光が含まれているため、脱毛と同時に美肌効果を期待できます。

まとめ

現時点で顔に使える脱毛クリームは販売されていません。かといって、市販の脱毛クリームを顔の脱毛に使うのは基本的にNGです。たんぱく質を溶かす成分が含まれていて、ムダ毛と同時に肌も溶かしてしまい肌トラブルを招くためです。

最近出てきた顔専用の抑毛クリームを使用するにあたっても、必ずパッチテストを行って肌の様子をみながら、アフターケアも怠らないようにしましょう。

なるべく自己処理で済ませたい顔脱毛であっても、やはりプロの手に任せるのが一番安心で確実です。クリニックであれば、万が一トラブルが起きても対処してもらえます。また、脱毛と同時に美肌効果も期待できます。

顔の肌はデリケートなので、肌を大切にするなら、クリニックやサロンに通うことがおすすめです。