レーザー脱毛で皮膚がんになる?脱毛すると汗が出やすくなる?そんな噂が出ていることにより、脱毛したら何か副作用が出るのではないかと思っている人が後を絶ちません。

せっかくお金を貯めて、いざ脱毛!と思った矢先にそんなことを聞いてしまえば、脱毛をする気は失せてしまいます。今回は、噂が本当かどうか知りたい人のために、噂の真相をまとめています。

脱毛することで起こる悪影響や副作用の真相その対処法や予防法副作用が心配な人におすすめのクリニックを紹介します。

脱毛をしたいけど副作用が心配、安心できるクリニックはないのかと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

脱毛による悪影響や副作用とは?

「レーザー脱毛で皮膚がんになる」は嘘

医療レーザー脱毛に関する噂で目にするのが、「体にレーザーを照射して脱毛するということは、そのレーザーが皮膚がんに影響があるのではないか」という懸念です。

これに関していえば、レーザー脱毛で皮膚がんになるなどの健康被害はありません。そもそも、皮膚がんを起こしてしまう原因は紫外線ですが、脱毛用のレーザーは赤外線に近いものです。性質が違うものなので、何ら問題ありません。

また、レーザー脱毛でも光脱毛でも、皮膚の表面から2、3ミリほど下にある毛包に届く程度のものでしかありません。血管や内臓に届くほど大掛かりなものではないので、安心して利用してください。

「脱毛で汗が増える」は勘違い

ワキ脱毛をした人などがよく言うことは「脱毛してから汗の量が増えた」という言葉です。しかし、それは勘違いです。脱毛が原因で汗の量が増えることはありません

汗の量は変わっていないのに、増えたように感じてしまうのです。今までは生えていた毛が汗を吸い取っていました。しかし、脱毛したことによって汗を吸収するもの、防ぐものがなくなって、汗がそのまま流れ落ちてしまうということが起こります。

今までは多少の汗なら流れ落ちることはなかったのに、脱毛してからそういうことが増えた、これによって「汗の量が増えた」と勘違いしてしまう人が多くいるのです。

汗の量がどうしても気になるという人は、市販の汗を抑えるグッズで十分対応できるので、不安に思うことはありません。

「やけど、赤み」はサロン、クリニックに相談

脱毛は、光やレーザーを当てたときの熱によって毛根を破壊します。そのため、やけどや赤みなどの症状が起きてしまうこともあります。昔は特にこの問題が酷く、被害に遭う人も多かったです。今はほとんどありませんが、それでもこの問題に当たってしまう人もいます。

多少の赤みが出るのはある意味正常です。赤みが出るのは、毛穴が熱を持っている証拠なので、きちんと脱毛効果が出ているということです。

これが何日も続いている、やけど痕が出てしまっている場合は、通っているサロンやクリニックに相談して下さい。通っているクリニックなどで保証サービスがあるところは、そういった問題に関する診察料が無料になったりするので、よく確認しましょう。

「増毛化、硬毛化」はそのまま続ければ治る

産毛などの細い毛が、脱毛することによって逆に増えてしまう、太くなってしまう現象が増毛化・硬毛化です。これは、何故そうなるのかという原因はまだハッキリとは分かっていませんが、脱毛を続けていけば改善します。

どうしても改善されない場合は、脱毛機器を変えると改善するという事例もあります。機械が自分に合っていないことで、中途半端に力が作用して硬毛化・増毛化してしまうのではないかと言われています。

解決すること自体は難しくありませんが、硬毛・増毛したことで施術回数が足りなくなり、追加料金を支払わなければならない可能性があります。「硬毛化・増毛化保証」がついているところでは、追加料金を無料にしてくれるので、不安な人は事前に知っておきましょう。

「毛嚢炎」はきちんとケアをする

毛嚢炎とは、脱毛したあとの肌にニキビのようなブツブツができてしまうことです。脱毛の刺激で毛穴が傷ついたところに、ブドウ球菌などの雑菌が感染することで起こります。これは、毛抜きなどで自己処理したときにも起こりやすいです。

あまり症状が大きくないときは、清潔にして保湿をきちんとすれば自然に治ります。肌が敏感になっているので、あまり強く洗いすぎないことと、敏感肌用などの刺激の弱いものを使うようにしてください。

それでも治らない、広範囲に出ている、痛みを伴っているという場合は病院やクリニックに行きましょう。クリニックで脱毛している人は、そのまま通っているクリニックに行った方が対応が早いです。

「妊娠中に脱毛出来ない理由」はホルモンバランス

妊娠中にホルモンバランスの乱れが原因でVIOラインの毛が増えたという話があります。実際に妊娠中に脱毛の相談に来る人もいるそうです。

しかし、妊娠中の脱毛はほとんどのサロンやクリニックでは断っています。ホルモンバランスが乱れることによって痛みに敏感になり、抵抗力が弱くなってしまうためです。一部の脱毛機関では生理中の脱毛も断っていますが、これも同じ理由です。

また、施術中の体制が母子にストレスを与えることも懸念しています。脱毛行為自体が子宮や子供に影響を与えることはありませんが、万が一何かあってもサロンやクリニックでは責任が取れません。そのため、妊娠中の脱毛は断っています。

妊娠中の脱毛は諦めて、出産後に子供がある程度成長してからにしましょう。


副作用が心配な人にはクリニックがおすすめ

医療機関であるため、迅速に対応してくれる

美容外科やクリニックでは、脱毛で問題が起こった際に無料で診察、処方などの対応をしてくれたり、事前に軟膏をくれたりします。

クリニックで脱毛中に問題が起こったときには、自分が通っているクリニックに行けばその場で対応することができますが、エステサロンではサロンに確認をとって、「病院に行った方がいい」と言われてしまえば二度手間になります。診察などに対する保証も多くないです。

初めての脱毛で副作用が心配、万が一の保証があるところがいいという人は、クリニックや美容外科に通うことをおすすめします。

アリシアクリニック

料金が安く、痛みも少ないクリニックです。脱毛が不安な人にテスト照射を無料で行ってくれたり、照射当日の鎮静用の薬を無料でくれたりと、サービスが充実しています。痛みが少ないライトシェアディエットというレーザーを使用しているので、肌への負担も少ないです。

湘南美容外科

CMなどでお馴染みの大手美容外科です。料金が安く、脱毛症例数が業界最多なので安心です。コースの有効期限がないので、自分のペースで通うことができます。テスト照射も行ってくれるので、自分に合っている機械か確認することができます。

リゼクリニック

サービスや保証が充実した安心のクリニックです。「硬毛化・増毛化保証」や、肌トラブルが起こった際の治療代、お薬代が無料です。値段も安く、痛みが少ないライトシェアディエットを採用しているため、利用しやすいです。


まとめ

脱毛に関する副作用や悪影響はきちんと対処すれば何も問題はありません。今回の記事をまとめると、

・レーザー脱毛は皮膚がんになるのは嘘
・脱毛をすると汗が増えるという話は勘違い市販のグッズで対処可能
・やけど、赤みはサロンやクリニックに相談
・硬毛化・増毛化は続行するか、レーザー機器を変える
・毛嚢炎は肌を清潔にして保湿する。
妊娠中の脱毛は不可能

となります。副作用や悪影響が不安な人は、すぐに対処してくれるクリニックがおすすめです。憧れの脱毛で失敗することがないようにリスクを避けて、しっかりと自分に合った脱毛機関を見つけてムダ毛を無くしましょう。