「脱毛の施術を受ける前には、自己処理が必要」というけれど、「脱毛施術前の自己処理ってどうやってやるの?」と疑問に思っていませんか?全身脱毛を申し込むとしたら、全身のムダ毛の自己処理をしていかなくてはなりません。全身の自己処理は大変ですよね。

ここでは、手が届きにくい背中やVIOラインもやらなくてはいけないの?ということや、自己処理のやり方を説明します。また、自己処理で剃り残しがあっても大丈夫なサロンやクリニックの紹介もしますので参考にしてください。

脱毛前の自己処理が必須なワケ

脱毛効果をアップさせる

サロンやクリニックのカウンセリングに行くと、「脱毛をするときには、事前の自己処理をしてきてください」といわれます。施術前日にはシェービングをするようにしましょう。シェービングに慣れていなうちは肌を傷つけてしまうこともあるため、ギリギリの前日よりも早め、2日前にはシェービングをしておくのがおすすめです。

サロンやクリニックの脱毛機の光やレーザーは、メラニン色素の黒い色をターゲットにします。事前処理で長い毛をなくすことで、光やレーザーが毛根に当たりやすくなります。毛が長いままだと、光やレーザーが分散してしまい、毛根部分への効果が薄くなってしまいます。

また、分散した光やレーザーが、毛が無い部分にも当たってしまい、結果的に肌への負担が大きくなります。事前の自己処理は、肌への負担をやわらげ脱毛効果をアップさせるためには外せないのです。

自己処理がされていない場合は、有料もしくは照射できない

脱毛の施術前には、自己処理をしていくのは常識になっています。剃り残しがあった場合、サロンやクリニックによっては、有料でシェービングを行ってくれますが、シェービングをしてもらう分、脱毛の施術にかけられる時間が減ってしまいます。

サロンやクリニックによっては、剃り残しに対するシェービングをしてもらえず、シェービングされていない部分を避けて照射する対応をされます。せっかく施術に行ったのに、照射してもらえない部分があるのではもったいないので、自己処理を怠らないようにしましょう。

「シェービング無料」になっているサロンやクリニックもありますが、あくまでも自己処理をした剃り残しに対しての無料サービスです。

全身脱毛施術前の事前自己処理のやり方

自己処理は必ず電気シェーバーで

自己処理をするのには、電気シェーバーを使いましょう。カミソリは肌を傷つける危険があり、肌に負担をかけるのでおすすめできません。

電気シェーバーは、顔やVIOには顔用のシェーバー、そのほかの部位にはボディ用シェーバーを使いましょう。顔とVIOで同じシェーバーを使うのは抵抗があると思うので、顔用シェーバーを2本使い分けるようにするとよいです。

毛抜きによる自己処理は、絶対にNGです。毛根から毛を引き抜いてしまうことで、脱毛機の光やレーザーに反応する毛根部分がなくなってしまうためです。また、毛を抜いてしまうことで毛周期が乱れ、充分な施術効果を得られないことになります。

無理に毛を抜き、毛穴がふさがれてしまうことは、埋没毛の原因になります。埋没毛とは、本来なら皮膚の外に伸びる毛が、皮膚の内側で成長してしまうことで起こり、毛嚢炎や色素沈着を引き起こしてしまうこともあります。肌に負担をかける自己処理法は、絶対にやめましょう。

まずは身体の前面から

まず、やりやすい身体の前面から自己処理を始めましょう。顔や腕、胸、お腹、足などです。手や足の甲、指などは剃るのを忘れがちな部分なので、剃り残ししないように気をつけましょう。あまり強くシェーバーを押し付けないようにして、軽く肌の上を滑らせるようにすると、肌にダメージを与えなくて済みます。

VIOライン・背面の自己処理は無理のない程度でOK

VIOライン、背面の自己処理も必要です。背面は手が届きませんし、家族にも頼みづらいという人もいるでしょう。

VIOライン、背面については、無理のない程度のシェービングでOKです。Oラインや背面は剃りにくい部位のため、シェービングサービスが付いているサロンやクリニックが多いです。しかし、まったく処理していかないのはNGです。

できるだけ自分でシェービングし、その上で剃り残しがあれば、サロンやクリニックでシェービングしてくれることがあります。無理をして肌を傷つけてしまったら本も子もありませんが、できる範囲で自己処理をしていくようにしましょう。

VIOライン

VIOラインは、見えづらい部位のため、鏡にうつしながら処理をするようにしましょう。長い毛が多いVラインは、まず先の丸いはさみで長さを整えます。全体を1~2㎝の長さにするとよいです。それから、電気シェーバーを使って処理をします。

力を入れすぎず、上から下へと毛の流れに沿って、シェーバーを動かしていきましょう。Vラインの希望のデザインがある場合は、その形に添って自己処理をします。ツルツルのハイジニーナにしたい場合や、全体的にボリュームダウンしたい場合には、初めの数回は全部剃っていくようにします。

Iラインは見えにくい部位なので、鏡にうつしながら、剃る部分の皮膚を引っ張ってたるみが無いようにして処理します。粘膜を傷つけないように、内側から外側にシェービングします。Oラインについても、鏡を使い、皮膚を引っ張りながら処理するようにしましょう。

背中

背中のシェービングは見えにくく、手が届きにくく、やりづらい部位です。かといって、まったく自己処理をしないということはないようにしましょう。できるだけ、自己処理をしていくことが大切です。

ボディ用のシェーバーを使うと、比較的やりやすいです。頼める家族がいれば、やってもらうようにしましょう。一人暮らしだったり、頼める家族がいなかったりということであれば、自分でできる範囲でシェービングします。無理に自己処理をすると、肌を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。

自己処理後の肌ケアは入念に

自己処理をした後の肌のケアは念入りに行いましょう。特に保湿は大切です。自己処理で負担をかけることにより、肌は乾燥します。元々、乾燥肌だという人は、要注意です。

乾燥している肌には脱毛機の光やレーザーの照射が伝わりにくく、充分な効果を得ることができません。照射によって、水分を奪われるため、さらに乾燥してしまいます。肌が乾燥していると、熱が伝わりにくいだけではなく、痛みも強く感じられてしまいます。

また、紫外線にも要注意です。紫外線に当たり、日に焼けてしまうと、施術を断られてしまうこともあります。脱毛の照射は黒い色に反応するため、日に焼けた黒い肌は火傷を負ってしまうリスクがあるからです。日焼け止めクリームを塗る、肌を出さない長袖、長い丈のスカートやパンツを着るようにするなど、紫外線に当たらないようにしましょう。

ダメな処理の仕方

ダメな処理の仕方は、まず毛抜きを使うことです。すでに説明をしましたが、毛抜きで毛を抜くことで肌を傷つけ、毛周期を乱します毛嚢炎や埋没毛の原因にもなります。

カミソリでの自己処理もNGです。カミソリの刃が肌の表面を傷つけ、肌荒れを起こすことがあります。赤く腫れてしまったり、乾燥してしまったり、黒ずみの原因になることもあります。荒れた肌は、脱毛の施術を受けることができません

除毛クリームでの処理も、避けるようにしましょう。痛みもなく簡単なので重宝される処理法ですが、除毛クリームにはたんぱく質を溶かす成分が含まれています。この成分によって毛が溶けるのですが、同時に肌にも刺激を与えてしまいます。結果的に、肌が荒れる、乾燥するということが起きてきます。

脱毛施術を受けている間、唯一してもいいのは、電気シェーバーによる自己処理と覚えておけば間違いはありません。

思わぬ損をしないために、もう一度チェックすべき部位は?

特に剃り残しの多い部位

せっかく施術を受けに行ったのに、契約した部位に照射をしてもらえないということが起こらないように、特に剃り残しが多い部位は、気をつけてチェックするようにしましょう。

顔の処理については、あご下、もみあげや首との境です。顔を全面的にやるだけで、忘れがちな部位です。デコルテ、胸下、へそまわり、肩まわりは産毛だけのことが多く、忘れやすいです。

腕全体はやったものの、手首やひじを忘れてしまうことがあるので、注意しましょう。ヒップの境目、足の裏側真ん中あたり、太もも後ろ側は、見えづらい部位なので、うっかりしてしまうことが多いです。手足をきれいにシェービングして満足してしまい、手や足の指を忘れてしまうことがあるので気をつけましょう。

脇の処理を全体的にやったとしても、脇のくぼみ部分が処理されていないことがあります。角度を変えながら、電動シェーバーを当てるようにしましょう。

自分でやり切る自信がないなら、自己処理不要のシェービングサービスを利用

脱毛施術前の自己処理は、どこのサロンやクリニックでもしてくるようにと言われますが、全身の自己処理は難しいです。特に手が届かない部分や、見えづらい部位は、無理に自己処理をすると怪我をしてしまう可能性もあります。

手が届かず、自己処理がしづらい背中やOライン、または剃り残しについて、シェービングサービスをしてくれるサロンやクリニックもあります。あくまでも自己処理をした上での、剃り残し部分についてです。

シェービング料が無料のサロンやクリニックもありますが、1部位いくらというふうに有料のところもあります。また、衛生面から、シェービングに使う電動シェーバーを使いまわしにせず、持参する必要があったり、購入する必要があったりします。

サロンやクリニックによって、剃り残しへの対応は違います。シェービングサービスがあるサロンやクリニックと、その対応について紹介します。

キレイモ

キレイモは全身脱毛専門サロンです。回数パックを契約した場合は、シェービング代が無料になります。月額制の場合は、毎月の引き落とし金額にシェービング代がプラスされます。また、永久保証付きのプランも、シェービング代は無料です。

シースリー

シースリーでは、自己処理の剃り残しがあった場合、無料シェービングサポートがあります。ただし、まったく処理をしていない場合は、処理をしていない部分を避けて照射を行うか、施術自体を断られてしまいます。また、VIOやワキのシェービングはサロンのシェーバーを使えないので、自分のシェーバーを持参するようにしましょう。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムではシェービングサービスは行っていません。事前に自己処理をしていく必要がありますが、襟足・背中上下・ヒップ奥に剃り残しがある場合のみ、スタッフがシェービングを手伝ってくれます。また、毛抜き、脱色、ワックスなどを使った場合、3週間は施術を受けることができません。

リゼクリニック

リゼクリニックは女性専門の医療脱毛クリニックで、「剃毛料無料保証」があります。しかし、あくまでも剃り残しがあった場合のサービスです。施術には自己処理をして行く必要があり、剃り残しが多いと、予約時間中にすべての希望の部位の照射が終わらないこともあるので気をつけましょう。

まとめ

施術前の自己処理は、していくのが基本です。ただし、手が届かない部位については、シェービングサービスを行っているサロンやクリニックもあります。有料のシェービングになることもあり、シェービングをしていない部分は照射してもらえないこともあります。

自己処理には電気シェーバーを使い、見えづらい部位については鏡にうつして行います。毛の流れに沿って、電気シェーバーを肌の上に滑らせていく感覚で行いましょう。肌を傷つけたり、うっかり剃り残したりしないように、注意が必要です。

シェービング無料のサロンやクリニックでも、対応してくれるのは剃り残し部分のみです。まったく処理をして行かないと、施術が受けられないこともあるので気をつけましょう。また、自己処理後の肌の保湿ケアも脱毛効果を上げるために大切なので、怠らないようにしましょうね。