「VIO脱毛をしてみたいけど、どんな体勢でやるのか心配」、「VIO脱毛に行くときに自己処理はどうすればいいの?IラインやOラインは難しそうだけど…」。

VIO脱毛は経験者でないと知らないことが多いため、これからVIO脱毛をしたい人は、分からなくて不安なことがいろいろとありますよね。

ここでは、VIO脱毛の施術の体勢や、自己処理のやり方など、VIO脱毛初心者に多い疑問に答えます。VIO脱毛について詳しく知りたい人は参考にしてください。


VIO脱毛の施術方法や体勢は?

VIOの施術体勢は思ったより恥ずかしくない

VIO脱毛の施術の体勢は、恥ずかしさを軽減できるよう工夫されています。Vライン仰向けで足も揃えて伸ばしたまま施術し、そこからIラインの施術に移行します。

Iラインを施術するときも仰向けのままで、左右の足を片方ずつ外側に折り曲げる程度です。最後にOラインを施術しますが、Oラインうつ伏せまたは横向きで施術するサロンが多いです。稀に、四つん這いで施術するサロンもあります。

紙ショーツを穿いて行うことが多い

ほとんどのサロン・クリニックでは、VIO脱毛も紙ショーツを穿いたまま施術します。照射するたびに必要な部分だけ、ショーツをずらします。

また、施術に関係ない上半身やヒザ下などは、タオルや毛布などで隠してくれるので、やってみると意外に恥ずかしさは少ないです。

ミュゼ

紙ショーツが用意されているので、VIO脱毛が恥ずかしい人におすすめです。部分脱毛が安く、VIO脱毛も安いです。

肌への負担が少なく、痛みが少ないS.S.C.脱毛を採用しているので、デリケートなVIOの脱毛も安心です。Oラインは必要に応じて、スタッフが無料でシェービングしてくれます。

ディオーネ

紙ショーツが用意されているので、下着を脱ぐのが恥ずかしい人も安心です。また、痛みがないハイパースキン脱毛を採用しているので、痛みが心配な人のVIO脱毛にもおすすめです。

メラニンの影響を受けない脱毛方法なので、黒ずみが酷くても脱毛できます。自己処理が難しいI/Oラインはシェービング無料です。


VIO脱毛はデザインが大事

VIOのデザインで後悔する人がいる

VIO脱毛自体を後悔する人は少ないですが、完全にツルツルのハイジニーナにした人だけは、デザインの選択を後悔する人がほとんどです。

最近はハイジニーナを希望する人が増えていて、サロンで衛生面の観点からおすすめされることも多いですが、「いざやってみたら、やっぱりハイジニーナだと恥ずかしい」と後悔する人が多いのです。

VIO脱毛が一般的になっているとはいえ、ハイジニーナにまでする人はまだまだ少数派なため、温泉などで注目されてしまうからです。

ハイジニーナを検討している人は、よく考えてデザインを決めましょう。特に医療脱毛の場合は毛が再生しなくなってしまうので、慎重に決める必要があります。

まだデザインを決めていない人が一番後悔しないのは自然な形

VIO脱毛はデザインが非常に豊富です。スタイリッシュな「Iライン」や「トライアングルミニ」など、オシャレなデザインもいろいろとあります。

ですが、まだデザインを決定しきれていないのであれば、もとから毛が薄いように見えるナチュラル」、「トライアングル」、「オーバル」といったデザインを選ぶと無難です。あまりいじっている感じがなく、自然な印象のデザインだからです。

逆に、ハイジニーナや「ハート型」といった奇抜なデザインはオシャレな反面、彼氏に「遊んでいそう」「経験豊富そう」とあらぬ誤解を与えがちなので、注意が必要です。

今の彼氏はOKでも、未来の彼氏がドン引きするといった可能性も考えられます。

Iラインは前を少し残すと自然に

衛生面で一番邪魔になるのがIラインのムダ毛で、デザイン性を求められることも少ないです。ですが、だからといってIラインをツルツルにしてしまうと、Vラインの毛が浮いてしまい、不自然な仕上がりになります。

ハイジニーナにするのでなければ、Iラインは前の方の毛だけ少し残した方がよいです。Iラインの毛を少し残すことで、Vラインのアンダーヘアと自然に繋がるので、違和感なく仕上がります。


VIO脱毛の事前の自己処理方法は?

自己処理には電気シェーバーがおすすめ

VIO脱毛に行くときの事前の自己処理には、電気シェーバーを使うのが肌への負担が少ないのでおすすめです。電気シェーバーは顔用のI字型のものや、Iライン専用のものがつかいやすいです。刃のギザギザがなるべく細かいタイプが安全です。

低刺激のシェービングクリームで、毛を柔らかくしてから剃りましょう。

カミソリは肌を傷つけやすいので控えます。肌が傷ついていると、施術できなくなってしまう場合もあります。

また、毛抜きやワックスは毛根から抜いてしまうので、脱毛効果が出なくなってしまいます。光脱毛やレーザー脱毛は毛根にアプローチすることで脱毛するので、脱毛で効果を得るには、毛の根元が残しておく必要があります。

自己処理には鏡を使うと安心

VIOは入り組んでいて粘膜もあり、自己処理するのが難しい部位です。VIOの自己処理をするときは、鏡で見ながら行うと安心です。

Vラインは直接見れますが、IラインとOラインは自分で見るのが難しいため、手鏡などを使って、鏡の角度や体勢を工夫する必要があります。

Iライン自立式の鏡を床に置き、鏡の前で体育座りから足を開いた体勢を取るか、椅子に片足を乗せ、目視で直接Iラインを確認します。

Iラインの角度によっては、上記の方法では難しい場合もあります。上記の方法で難しい場合やOラインは、鏡の上にまたがると確認できます。

鏡では左右が逆になるので、手を動かす方向を間違って怪我をしないよう、慎重に剃りしましょう。

まとめ

VIO脱毛は恥ずかしいと感じる人も多いですが、サロンやクリニックではなるべく恥ずかしさを軽減できるように考慮されています。

基本的に紙ショーツを穿いたまま施術するのが一般的で、施術中の体勢も足を片方ずつ広げるなど、大胆なポーズは取らずに済むように考えられています。

なお、脱毛は事前に自己処理して行きますが、肌や粘膜を傷つけないよう注意が必要です。

自己処理を行うときは、電気シェーバーを使うのがもっとも肌への負担が少ないです。毛抜きやワックスなどで、毛根から抜いてしまう方法脱毛効果が出なくなるのでNGです。

VIOは自己処理が難しい部位ですが、鏡で確認しながらシェービングすると安心です。自己処理に自信がない人は、シェービングサービスつきのサロンもあります

デザインさえ奇抜にしすぎなければ、脱毛後の満足度が高い部位なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。