脱毛施術を受けたら生えてこなくなると思っていたのに、しばらくするとまた生えてきてしまうという声を聞くことがあります。自己処理の必要がなくなるはずだったのに、脱毛の効果がなかったのではないかと悩んでいる人もいるでしょう。

脱毛施術の効果がないということはありません。ここでは、脱毛施術を受けた後にまた生えてくる理由と原因脱毛コースを終了した後、生えてきてしまった場合、どうしたらいいのかを説明します。

脱毛をしたのに生えてくる?脱毛のその後とは

エステサロンの脱毛は減毛効果しかない

エステサロンでの脱毛は、永久脱毛と謳えません。使う脱毛機の出力が、クリニックの脱毛機とは違い出力が低いため、発毛の量を減らしていく減毛効果しかないためです。エステサロンでの脱毛は「不再生脱毛」といっていることが多いです。

しかしエステサロンでの効果が期待できないのかというと、そんなことはありません。実際に長くエステサロンでの脱毛を体験した人の口コミでは、「ほとんど生えてこなくなった」というものがあります。

どんな脱毛施術であっても、1回の施術で終了ということはありません。繰り返し照射をすることで、発毛を抑えていくのがサロンやクリニックで行われている脱毛施術です。確実に脱毛したい、早く効果を出したいのであれば、クリニックでの医療脱毛がおすすめです。エステサロンでの脱毛は、期間をかけて発毛を抑え減毛していければいいという人におすすめです。

医療レーザー脱毛も永久ではない

エステサロンでの脱毛が永久脱毛ではないなら、永久脱毛を謳っている医療レーザー脱毛のほうがいいと感じる人も多いでしょう。しかし医療脱毛も厳密にいえば、一生1本の毛も生えてこないということではありません。

永久脱毛の定義は「脱毛が終わって1か月経った後のむだ毛の再生率が20%以下」です。医療脱毛をしたからといって、確実に1本の毛も生えてこなくなるということではありません。ただ医療レーザー脱毛は、脱毛機の出力が高く効果も高いので、生えてくる毛が少ない人が多いです。

医療脱毛であっても、完璧にツルツルにするには期間をかけて繰り返し施術する必要があります。しかしエステサロンでの脱毛よりは、効果が早く出ます。


脱毛したのに生えてくる原因は?

脱毛期間が終了していない

脱毛を完了したのに、また生えてきてしまうという原因のひとつには、途中で終わったと勘違いして施術をやめてしまうことがあります。脱毛の照射は、毛周期の中の成長期の毛にしか作用しません。数回受けて、毛が少なく薄くなってきたことにより、「もう脱毛する必要はない」と自己判断してしまうことがあります。

しかし、照射時に成長期以外だった毛は、また生えてきます。気が付いたら、施術前と同じくらいの量の毛が生えそろってしまうという可能性もあります。このようなことが起こらないようにするためには、自己判断で脱毛をやめてしまわず、脱毛終了まできちんと通うようにすることです。

脱毛終了までにかかる回数は、サロンなら平均12回で期間は3年ほどかかります。クリニックなら平均6回で期間は1年半程度かかります。個人差はありますが、大体の目安にしてください。

ホルモンバランスの乱れ

脱毛コースの回数を全部消化して終了したのに、また毛が生えてきてしまった原因のひとつはホルモンバランスの乱れです。妊娠や生理などでホルモンの乱れが起こりますが、特に妊娠、出産で毛が濃くなってしまったという話があります。

母乳を出すために体内のメラニンの働きが強くなり、発毛につながってしまうといわれています。このホルモンバランスの乱れにも個人差があり、妊娠、出産をする人のすべての毛が濃くなるということではありません。反対に薄くなる人もいます。

ホルモンの乱れは一時的なものであり、あまり気にする必要はありません。ホルモンバランスが整ってくれば、濃くなってしまった毛も少しずつ元に戻ります。


脱毛効果が出にくい部位が存在する

脇・VIOなどの毛が濃い部位

脇やVIOなどは太く濃い毛が密集している部位です。数本が抜けても実感しやすいため、1回施術を受けただけでも効果を感じやすいでしょう。しかし太く濃い分、毛根もしっかりしているので、発毛を抑えるためには期間をかけて何度も照射を重ねる必要があります。

なかなか思っていた状態にならないため、途中で通うのをやめてしまう人もいます。契約回数を終えてしまい、追加契約をするのをためらってしまう場合もあるでしょう。脱毛効果が充分に得られない状態でやめてしまうと、また毛が生えてくるということが起こります。

特にVIOはデリケートな部分であり、下着とこすれて刺激を受け、色素沈着をしていることも多いです。そのため照射時に出力を抑えるので、回数を重ねて施術を受けなければなりません

顔や背中などの産毛しかない部分

脱毛機の照射は、メラニンの黒い色に反応します。顔や背中のような、産毛が多い部位はメラニン色素が薄いため、脱毛の効果も出にくいです。そのため普通の毛よりも、処理をするのに多くの回数を必要とします。

また産毛部分は、まれに脱毛施術を受けることによって、硬毛化を起こしてしまうことがあります。これは元の毛よりも、濃く太い毛が生えてきてしまう現象です。原因は明らかにされていませんが、脱毛の照射によって発毛を促す組織が活性化されるのではないかといわれています。刺激を受けることが多いと肌を守るため、産毛が濃くなるのではないかという説もあります。

女性でも男性でも、毛の濃さについては男性ホルモンが関係しています。生活の変化や加齢などにより、毛の濃さを調整する男性ホルモンの働きが活発になると、今まで産毛だった毛が濃くなることもあります。

男性なら髭もなくなりにくい

男性の場合、髭が濃く脱毛をしている人もいますが、髭も太く濃い毛が密集しているので、脱毛の効果が出るまでに時間がかかります。太く濃い分、脱毛機の照射に反応はするのですが、毛根が丈夫なため、発毛を抑えていくには根気よく回数を重ねる必要があります。

脱毛の効果は、肌の状態によっても左右されます。髭が濃いため、日に何度も髭剃りをして肌が傷んでいることがあります。傷んでいる肌には、高い出力での照射ができず、高い効果も出づらいです。

脱毛施術中は日焼けをしないようしなければなりません。日頃から日焼けをしないように、日焼け止めクリームなどを塗っておくようにしましょう。日焼けがひどいと施術自体を断られることがあります。照射できても、出力を下げて行うことになります。個人差はありますが、髭の脱毛にかかる回数は平均10回、かかる期間は1~2年程度です。


脱毛後のアフターフォローがあるサロン・クリニックとは

サロンやクリニックの脱毛は、一生1本も毛が生えてこない永久脱毛とはいえません。脱毛を終了したと思っても、ホルモンの乱れなどにより、また生えてきてしまうこともあります。そういった発毛のシステムを踏まえて、アフターフォローを行っているサロンやクリニックは信頼できます

サロン

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでは、両わきとVラインが通い放題のキャンペーンを行っています。効果が出にくい2部位が、回数無制限なのでおすすめです。

シースリー

シースリーには「脱毛品質保証」があります。これは回数や期間に関係なく、納得するまで何度でも通える保証です。回数を決めたコースを終えた後、また生えてきてしまう毛があるということを踏まえた、安心のシステムです。

クリニック

リゼクリニック

リゼクリニックでは、脱毛コースがすべて5回になっています。5回施術後、毛が生えてきてしまった、もう数回施術を受けたいという場合には、割引料金で施術がしてもらえます。また再診料をとるクリニックが多い中、リゼクリニックは無料です。

湘南美容外科

湘南美容外科は全国展開しているので通いやすいクリニックです。契約したクリニック以外にも通うことができ、コースの有効期限もありません。医療脱毛なのに、サロン脱毛と同じくらいリーズナブルな料金で通うことができます。


まとめ

脱毛をしたのに、また毛が生えてきてしまうのは、脱毛の効果がないということではありません脱毛施術は期間をかけて、回数を重ねていきながら、成長期の毛の発毛を抑えていくものです。途中でやめてしまうと、成長期以外だった毛が生えてきてしまいますし、ホルモンバランスが崩れることによっても、毛が生えてきてしまうことがあります。

大切なのは、施術を受けても生えてくるということを前提として、アフターフォローが充実しているサロンやクリニックを選ぶことです。施術を受けたことで硬毛化してしまった場合も、対処してくれるサロンやクリニックを選びましょう。発毛のシステムを理解して施術を受ければ、毛が生えてきても慌てることはありません。