「肌が黒いと脱毛できないと聞いた。ほくろも脱毛できないの?」、「ほくろをいじるとガンになるというけど、脱毛でもガンになる?」。

脱毛は肌質などに条件を出されることが多いので、「ほくろがあると施術を断られるのでは?」と心配する人もいます。また、脱毛の光やレーザーの、ほくろへの影響が気になる人も多いです。

ここでは、ほくろがある場合のサロン・クリニックの対応と、脱毛がほくろに及ぼす影響についてまとめました。ほくろがあっても脱毛できるサロン・クリニックも紹介するので、ほくろがある部位を脱毛したい人は、参考にしてください。

ほくろに生えてる毛は脱毛できるの?

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はシールを貼って施術

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、高温の熱をメラニン色素に反応させることで脱毛するため、ほくろに脱毛の光やレーザーが当たるとヤケドする可能性があります。そのため一部には、ほくろがあると施術不可とするサロンもあります。

しかし、ほとんどのサロン・クリニックは、ほくろがあっても脱毛できます

ほくろを避けて照射するか、ほくろにシールを貼って保護する

脱毛時のほくろへの対応は、ほくろを避けて照射するか、ほくろに白いシールを貼って保護することが多いです。

ほくろが多い・脱毛したい部位とほくろが近い場合は、避けて照射するのが難しいので、、白いシールを貼ってほくろごと照射します。

白いシールで覆っておけば、光やレーザーがほくろのメラニンに反応することがないので、ヤケドのリスクを回避できます。

サロンによっては、ほくろの部分だけ、照射温度を下げて対応する場合もあります。

また、医療クリニックの場合は、「大きなほくろは事前に除去する」という選択肢もあります。

ミュゼプラチナム

ほくろがある場合は、ほくろにシールを貼って施術します。部分脱毛が安く、お試しキャンペーンも他のサロンより安いです。

光脱毛の中でも先端技術である、S.S.C.脱毛を採用しているので痛みが少なく、肌への負担も少ないです。カウンセリングが丁寧なので、ほくろのことなど、気になることは質問してみるとよいです。

アリシアクリニック

照射できないほど色が濃いほくろがある場合は、先にほくろ除去を受けられます。照射可能なほくろか、除去が必要かなど相談に乗ってくれるので、カウンセリングを受けてみるとよいです。

脱毛は料金が安く、すべての部位で回数無制限コースも選べます。痛みが少ないライトシェアデュエットで脱毛するので、脱毛初心者でも安心です。

美容電気脱毛ならほくろの施術も可能

美容電気脱毛の場合はメラニンの影響を受けないので、ほくろがあっても普通に施術できます。

美容電気脱毛とは、毛穴に細い針を差し込み、弱い電流を流すことで毛根を死滅させる脱毛方法です。

毛穴を一つずつ処理するので、施術に時間がかかりますが、処理した毛は永久に生えてこなくなります。フラッシュやレーザーと違って、白髪などの色素が薄い毛も脱毛できます。

かなりの時間がかかる上に痛みが強く、料金も高いため、広範囲の脱毛には向かない方法ですが、ほくろの部分だけなど、狭い範囲を脱毛したいときには最適な方法です。

美容電気脱毛ができるサロン・クリニックは限られますが、必要に応じて活用するとよいでしょう。

エステティックTBC

美容電気脱毛ができるサロンです。料金がムダ毛1本単位なので、脱毛する本数が少なければ、比較的安価に利用できます。必要に応じて、フラッシュ脱毛のコースもあります。

たくさん通うようなら、入会金を支払うとメンバー価格で安く通えます。

脱毛のほくろに関する噂を検証

ほくろ部分に照射するとガンになるは嘘

毛抜きで何度もほくろの毛を抜くなど、ほくろをいじるとガンになるといわれます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛も歴史が浅く、データが十分でないため、絶対にガンにならないとは言い切れません。

しかし、ガンの原因となる光線は紫外線であるのに対し、脱毛の光は赤外線に近いもので、紫外線とは波長が異なります。

したがって理論上は、脱毛の波長は皮膚のアミノ酸やDNAには影響しないとされ、脱毛の照射による皮膚ガンのリスクは、ほぼ0%とされています。

ただし、ほくろや肌が乾燥していると、脱毛でヤケドしやすくなるリスクはあります。施術後はしっかりアフターケアし、普段も保湿を心掛けましょう。

皮膚疾患をほくろと見間違えていた場合は悪影響が出ることも

脱毛でほくろがガンになる可能性は極めて低いですが、重篤な皮膚疾患をほくろと見間違えていた場合は、脱毛することで何らかの悪影響が出ることもあります。

皮膚疾患の中には、一見ほくろのように見えるものもあるので、疑わしい場合は自己判断せず、皮膚科医に判断してもらうと確実です。

また、脱毛によってほくろに異変を感じたときは、速やかに医師に相談しましょう。

脱毛でほくろ除去ができることはあっても確実じゃない

ほくろへの対応は、サロンやクリニックごとに基準があり、色が薄いほくろ小さいほくろは、そのまま照射することもあります。

そのときに、ほくろのメラニンが破壊されて、ほくろがなくなることがあります。

脱毛経験者の口コミにも、「脱毛したら、ほくろがカサブタになって剝がれた」、「脱毛をくり返していたらほくろが薄くなった」という声があります。

ですが、脱毛の機械はほくろ除去に特化した機械ではないので、ほくろ除去の確実性は低いです。

ほくろをなくしたい人は、クリニックでほくろ除去の施術を受けた方が確実です。

顔やヒゲの脱毛、ほくろがあっても施術は可能

ほくろがあると、顔脱毛でほくろをヤケドする」という噂があります。確かに、脱毛はメラニンに影響するので、ほくろがヤケドする可能性は0ではありません。

ですが、脱毛でほくろがヤケドするとしたら、かなり高出力の場合です。通常の脱毛は、ほくろがヤケドするほど高い照射温度では施術しないので、顔脱毛やヒゲ脱毛でほくろをヤケドする可能性は低いです。

ただし、肌が乾燥して敏感になっているときは、脱毛でヤケドしやすくなります。顔やヒゲを脱毛するなら、普段からしっかり保湿しておきましょう。

まとめ

ほくろがあっても、ほとんどのサロン・クリニックは脱毛できますほくろを避けて照射するか、ほくろに白いシールを貼って保護するのが一般的です。サロンによっては、ほくろだけ出力を下げて施術することもあります。

クリニックの場合は、事前にほくろ除去を行う選択肢もあります。また、美容電気脱毛なら、ほくろがあっても関係なく脱毛できます。

なお、脱毛で正常なほくろがガンになる可能性は、ほとんど0%とされていますが、ほくろや肌が乾燥している場合は、脱毛でヤケドするリスクが高くなります。脱毛するなら、アフターケアや普段の保湿にも気を配りましょう。

しっかり保湿していれば、顔脱毛やヒゲ脱毛でも、ほくろをヤケドする可能性は低いです。

稀に、「ほくろがあると脱毛できない」というサロンもありますが、記事内で紹介したサロン・クリニックは、ほくろがあっても対応してくれるので、カウンセリングで相談してみるとよいです。