「脱毛したいけど、やけどした人もいると聞くので心配」、「ムダ毛のない肌になりたいけど、脱毛って危険はないの?」。脱毛が一般的になったことで、脱毛の安全性について不安を感じる人も増えています。

ここでは、脱毛の危険性とリスクについて解説します。脱毛のリスクへの対処法と、安全に脱毛したい人におすすめの脱毛方法も紹介します。「サロンやクリニックで脱毛したいけど、本当に安全なのか不安」という人は、参考にしてください。

脱毛は安全?脱毛の危険とは

やけど、赤み

光脱毛やレーザー脱毛は、毛根のメラニン色素を熱で破壊することで脱毛します。施術後は軽いやけどの状態になるので、肌に赤みが出ます。通常は1~2日で赤みは引きますが、数日経っても赤みが消えない場合は、通っているサロン・クリニックに相談した方がよいです。

なお、以下の症状が見られる場合は病院での治療が必要な可能性が高く、処置を急ぐ場合もあるので、すぐにサロンに報告し、医療機関を受診してください。

・脱毛部位全体に、ピンクがかった赤みが出ている。(軽度のやけど)
・みみず腫れ・蕁麻疹が出ている。(軽度のやけどか、または光アレルギー)
・水玉模様のように点々と水ぶくれができ、痛みを伴う。(中度のやけど)

最近の脱毛は滅多にやけどしないが、日焼けや乾燥があるとやけどのリスクが高くなる

昔は脱毛でやけどをする人も多かったですが、最近の脱毛器は肌への安全性が向上しているので、やけどを負うことは滅多にありません

しかし、日焼けしていたり、肌が乾燥している場合は、通常よりもやけどのリスクが高くなります

脱毛によるやけどのリスクを防ぐには、脱毛期間中は紫外線対策と保湿を万全にし、肌の調子を整えておくことが大切です。

増毛化・硬毛化

脱毛することで、逆にムダ毛が増えたり太くなることがあります。これを増毛化・硬毛化といいます。背中や顔など、産毛が多い部位で稀に見られるトラブルです。

基本的には脱毛を続けていくことで改善できるトラブルです。しかし、増毛化・硬毛化した分、施術回数が増えるため、費用が多くかかります。

クリニックの場合は、増毛化・硬毛化の場合は無料で追加照射ができる硬毛化保証を設けているところもあります。

追加照射では、出力を変えて対応するのが一般的ですが、ときどき脱毛器の照射の波長が合わなくて増毛化・硬毛化する人もいます。

出力を変えても改善が見られない場合は、脱毛器を違う機種に変えると改善する可能性があります。

毛嚢炎

脱毛後に、ニキビのようなデキモノができるのが毛嚢炎です。脱毛の照射で傷ついた毛穴に、ブドウ球菌などの雑菌が感染することが原因です。ニキビとよく似ていますが、まったく別物です。

脱毛による肌トラブルとしては、比較的よく見られる症状です。多くの場合は、敏感肌用のボディーソープで洗って肌を清潔にし、しっかり保湿すれば自然に治ります

ですが、痛みや痒み、赤く炎症を伴っている場合は、サロンに相談後、病院を受診しましょう。

脱毛は自分でやるよりプロに頼んだ方が安全な理由

自己処理はカミソリ負けや黒ずみなど、肌トラブルのリスクが高い

サロンやクリニックの脱毛に通っていない場合、ほとんどの人は自分でムダ毛処理をします。しかし、手軽で費用の負担も少ない反面、自己処理には肌トラブルのリスクが高いデメリットがあります。

自分でムダ毛処理している部位に肌の黒ずみ埋没毛、カミソリ負け、肌荒れ、毛穴の炎症などが見られるなら、自己処理が原因の可能性が高いです。

カミソリ

カミソリでのシェービングは、自己処理の中でももっとも手軽で安上がりな方法なので、普段から行っている人が多い自己処理方法です。

ですが、角質表面を傷つけやすいので、肌への負担が大きい方法でもあります。カミソリにより代表的な肌トラブルは、カミソリ負けです。カミソリ負けは、シェービング後のヒリヒリ感や赤み、出血などの症状を指します。

また、カミソリでのシェービングを長期間行うことで色素沈着を起こし、黒ずみの原因にもなります。

毛抜き

カミソリの剃り跡が気になる人に人気の自己処理方法です。時間はかかりますが、毛抜き一つでムダ毛を根元からなくせるので、低コストで仕上がりがキレイです。効果も多少長持ちします。

しかし、毛抜きでムダ毛を抜く方法は、毛穴を傷つけてしまうため、毛嚢炎埋没毛、毛穴の炎症などの肌トラブルを起こしやすいです。埋没毛を無理に掘り起こすことで、ますます肌を傷めている人も少なくありません。

最初のうちこそキレイに仕上がりますが、毛抜きによる自己処理を続けるほど、肌が汚くなっていきます。

脱毛クリーム

毛を溶かす成分が入ったクリームを塗る方法です。手軽な上に、「肌にやさしい」と謳われる脱毛クリームも市販されています。

しかし、どんなに美容成分が配合されていても、脱毛クリームの主成分は毛のタンパク質を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」という刺激の強い成分です。

チオグリコール酸カルシウムは、肌表面のタンパク質も溶かしてしまうため、肌への負担が大きく、肌荒れ敏感肌に傾くといったリスクがあります。「脱毛クリームを使ったらヒリヒリした」という口コミも多いです。

特に、皮膚がデリケートで粘膜に近い、顔やVIOへの使用は危険なので絶対に止めましょう。

脱毛ワックス

ワックスが塗られた脱毛専用の粘着テープで、ムダ毛を根元から引き剥がす方法です。一気に広範囲を脱毛でき、効果も多少長持ちするので、最近人気があります。

ですが、毛と一緒に肌表面の角質も剥がしてしまうため、肌荒れのリスクが高いです。毛抜き同様に毛穴が傷つくので、毛嚢炎埋没毛、毛穴の炎症といったトラブルも起こりやすいです。

肌へのやさしさを謳う脱毛ワックスもありますが、脱毛ワックス自体が乱暴な方法なので、少なくともVIOなどの肌がデリケートな部位への使用は控えた方がよいです。

VIOに使えるとされる脱毛ワックスも市販されていますが、肌への負担が大きいことには変わりありません。特にIラインは痛みも強いです。

家庭用脱毛器

家庭用の光脱毛器やレーザー脱毛器で脱毛する方法です。一度買えば、自宅でいつでも好きなときに脱毛でき、値段もサロンなどに行くより安いです。特にケノンが売れています。

サロンと同じような脱毛が自分でできますが、照射温度を自分で調整するので、やけどのトラブルも多いです。また、自分では施術しにくい部位もあるため、施術漏れも出やすいです。

特に背中などの目視で確認しにくい部位は、照射漏れで毛がまだらに残ってしまうこともあります。

カートリッジが交換式になっていることがほとんどなので、脱毛したい範囲が広い人だと、カートリッジ代もバカにならず、意外にコスパが悪いです。

脱毛はエステサロンでやった方が安全性が高い

肌へのリスクが心配な人の脱毛は、エステサロンの光脱毛がおすすめです。サロンなら、研修を受けていて、何人ものお客を脱毛しているエステティシャンに施術してもらえます。

エステティシャンはプロなので、自分で脱毛するより、やけどや肌荒れなどのリスクが少なく安心です。

また、エステサロンは医療機関ではなく、毛根を完全に破壊する行為は認められていないため、脱毛器自体も照射の出力がそれほど強くない安全性が高いものを採用しています。

サロンの光脱毛なら黒ずみなどの心配もないので、自己処理を続けるより、肌そのものもキレイになります。

ミュゼプラチナム

部分脱毛が安く、月替わりのお試しキャンペーンも充実しています。光脱毛の中でも肌への負担が少ない、S.S.C.脱毛を採用しているので、脱毛による肌トラブルが心配な人にもおすすめです。施術後は、プラセンタエキス配合のミルクローションでトリートメントします。

ジェイエステティック

部分脱毛が安く、部位ごとのお試しキャンペーンも充実しています。施術前に、ヒアルロン酸配合のジェルを塗布するので、脱毛と同時にうるおい効果も期待できます。

シェービングは無料ですが、サロンでシェービングした日は照射の出力が弱くなります。

まとめ

光脱毛やレーザー脱毛でやけどをすることは滅多にありません。ですが、やけどと思われる場合はすぐにサロンに相談し、医師の診察を受けましょう。

産毛が多い部位を脱毛する場合は、稀に増毛化・硬毛化が起こることもあります。そのまま脱毛を続ければ治りますが、クリニックなら、硬毛化保証を設けているところもあります。

その他の脱毛のリスクに毛嚢炎もありますが、肌を清潔に保ち、よく保湿すれば自然に治るケースがほとんどです。しかし、痛みや痒み、赤く炎症を伴っている場合は、サロンに相談後、病院を受診しましょう。

サロンやクリニックでの脱毛は、危険やリスクが皆無ではありませんが、プロによる施術なので自己処理するよりも安全性が高く肌トラブルのリスクも低いです。

肌へのリスクが心配な人は、エステサロンで脱毛するのが、肌への負担が少ないのでおすすめです。記事を参考に、肌を傷めない脱毛方法を取り入れましょう。