脱毛施術を受けたいけれど、今までの自己処理で肌が黒ずんでしまっているという人はいませんか?いくら脱毛のためとはいえ、黒ずんだ肌を施術のために人に見せるのは抵抗がありますよね。

また、脱毛して毛がなくなることにより黒ずみが目立つようになってしまうのではないか、施術を受けることで黒ずみが悪化するのではないかと悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは肌の黒ずみの原因や、脱毛の施術を受けることによって、すでにできている黒ずみも解消に導かれるということを説明します。脱毛したいけれど肌に黒ずみがあって迷っているという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも黒ずみはなんでできるの?

肌への刺激から肌を守るためにできる

肌に黒ずみができる大きな原因は、メラニン色素の生成によるものです。メラニン色素は肌にとって悪い働きをするものではなく、肌の組織を守る役割をしています。肌が刺激を受けたときに、肌を守るために肌の色素を濃くするように指令を受けたメラノサイトが、チロシナーゼという酵素を活性化させることが、メラニン色素の生成につながります。

メラニン色素によって肌の組織は守られるのですが、蓄積したメラニン色素はシミや黒ずみの原因になってしまいます。

黒ずみを作らないようにするためには、肌に刺激を与えないようにしなければなりません。具体的に肌に刺激を与えるものとして、例えば紫外線を過剰に浴びることがあげられます。またムダ毛の自己処理による刺激によっても、メラニン色素が生成されます。

パーツで違う黒ずみの原因

ニキビ

ニキビの原因となるのは、毛穴などの皮脂が溜まっている通気性の悪い箇所にはびこるアクネ菌です。肌に悪い影響をおよぼすアクネ菌をなくすために、まず活性酸素が体内で作られます。ところがアクネ菌と戦ってくれる活性酸素は、同時に肌も攻撃してしまう性質があります。

活性酸素から肌を守るためにメラノサイトが働きだし、メラニン色素が生成されます。ニキビが治った後も黒ずみになってニキビ跡として残ってしまうのは、ターンオーバーがうまくいかず、メラニン色素が肌の表面に残ったまま色素沈着してしまうためです。

アトピー

アトピー体質の人の肌が黒ずんでしまうのは、炎症から肌を守ろうと、メラニン色素が生成されることが原因です。アトピーの炎症は広い範囲で起こることが多く、またアトピーの炎症が起きている箇所は、肌が乾燥している場合が多いです。

アトピーのアレルギーは、かゆみを伴った炎症を起こし続けます。繰り返される炎症や乾燥から肌を守ろうと、メラニン色素が大量に生成され、ターンオーバーが間に合わず、そのまま色素沈着して肌の黒ずみになってしまうことがあります。

脇やVIO

脇の黒ずみの原因は、主にムダ毛の自己処理によるものです。カミソリやシェーバーによる自己処理によって、肌の表面の組織が傷つけられることがあります。またワックスや毛抜きなどで毛根から毛を引き抜くことにより、毛穴に刺激を与えることになります。

これらのダメージから肌を守るために、メラニン色素が生成され、肌に残ってしまうと色素沈着し、黒ずみになってしまいます。気温が高くなる夏場は、傷ついた毛穴が詰まったり、汗でかぶれを起こしたりするので、色素沈着を起こしてしまうことが多くなります。

VIOは特に黒ずみを起こしやすい箇所です。下着のこすれなどで肌が刺激を受けたり、生理中に蒸れたりすることが原因です。皮膚が薄くデリケートな箇所なため、肌を守るためのメラニン色素が生成される確率が高く、色素沈着につながる黒ずみが起こりやすいです。

黒ずみがあると脱毛できないの?

黒ずみがあっても滅多なことがない限り脱毛は可能

脱毛のカウンセリングに行くと、「脱毛施術中は日焼けをしないでください」と注意をされます。脱毛機の照射は黒い色に反応するので、肌が黒く日焼けをしていると、火傷を起こしてしまうリスクがあるからです。日焼けをした肌で脱毛に行くと、施術を断られてしまうこともあります。

不注意な日焼けということではなく、肌に黒ずみが生じている場合、脱毛機の出力を下げて照射を行ってくれます。これは火傷のリスクを低くするためですが、出力を下げることで十分な効果を得られなかったり、黒ずんだ部分全体に照射の反応があるため、痛みを強く感じたりする可能性が高くなります。

脱毛することで黒ずみが消えることもある

黒ずみがあったら脱毛施術はあきらめたほうがいいのか…、と感じてしまいますが、そんなことはありません。自己処理の回数を減らすことは、肌に刺激を与えないことになるため、脱毛は黒ずみ解消につながります

脱毛をしてムダ毛がなくなったことで、肌の黒ずみが目立つようになったという、気になる口コミもあります。脱毛サロンや脱毛クリニックでは、脱毛の照射後に保湿をしてくれますが、脱毛施術中は自宅でもセルフケアをするようにしましょう。

保湿不足の肌はメラニン色素の生成を促しますが、脱毛施術後の保湿のセルフケアをきちんとすることで、脱毛後の黒ずみの発生は抑えられます。

脇やVIOの黒ずみを解消するには専用クリーム

脱毛サロンやクリニックに行く前に、黒ずんでしまった肌をどうにかしたい、脱毛後の黒ずみを早くなくしたいという人もいるでしょう。そのような場合には、黒ずみを解消するクリームを使用するのもおすすめです。

黒ずみを解消するクリームには、保湿成分や美白成分が配合されています。毎日忘れずに湿布するようにしましょう。

しかしこれらのクリームには即効性はありません。肌のターンオーバーにより、表面の角質が剥がれ落ちるのを待つ必要があります。個人差はありますが、1か月ほどは塗り続けるようにしましょう。

黒ずみがあっても大丈夫!痛みの少ない脱毛サロン

ミュゼプラチナム

人気脱毛サロンのミュゼプラチナムの脱毛方法は、肌にやさしい「S.S.C.方式」です。これは肌を傷めないようにジェルを塗った上から照射するという脱毛法です。痛みも少なく、施術後はプラセンタエキス配合のミルクローションをたっぷり塗ってくれるので、脱毛施術をするほどに肌がしっとりします。

まとめ

脱毛の施術を受けることにより、肌の黒ずみを改善できるのは本当です。肌に黒ずみができてしまう原因は、肌への刺激です。肌に刺激を与える自己処理を続けることが、黒ずみを解消できないことにつながります。

黒ずみ解消のためには、肌への刺激をなくすことが一番です。そのために自己処理はやめて、信頼できる脱毛施術を受けるようにしましょう。

保湿ケアをきちんとしてくれる脱毛サロンやクリニックに通い、脱毛施術を受け、セルフケアの保湿もしっかり心がけましょう。自己処理による肌への刺激が減ることで、黒ずみも改善されます。

脱毛の照射によって黒ずみが発生するということはありません。むしろ毛穴が引き締まり、保湿することで美肌になり、自己処理の必要がなくなることで新たな黒ずみが発生することもなくなります。自己処理をやめて、脱毛施術を受けることが黒ずみ解消への近道です。