全身脱毛は大人の女性がお金を掛けてするものなんて考えは、もう古い。
今は学生時代から全身脱毛するのは常識ですよね。
全身脱毛が完了するまでにはある程度の期間が必要だし、大人と同じ施術内容を学生というだけで安く施術することが出来る!
そんなお得な学割を使って早いうちから全身脱毛に取り掛かるのは、実はとっても賢い選択です。
あまり大金を掛けられない学生のみんなが、少しでも安く全身脱毛できる脱毛サロン・クリニックと、学生が脱毛サロン・クリニックを利用する時の注意点を合わせて紹介します。

お金と時間がかかる全身脱毛。学生の時からすべき理由

社会人と同じ内容を学割で安く受けることができる

学割があるってことは、学生専用のコースがあって、普通のコースよりも施術回数が少なかったり、脱毛範囲が狭いんじゃないかって心配になりますよね。
でも、そんなことは全くないです。
社会人が利用するコース全く同じ施術回数・脱毛範囲を学割料金で利用することができるんです。
生涯の中で同じことにお金を払うなら、安いに越したことはないですよね。

予約が取りにくい日時を避けて通うことができる

いくら脱毛料金が安くて人気のある脱毛サロン・クリニックでも、いつWEBを見てもいつ電話しても予約が取れない所はいやですよね。
実際に、なかなか予約が取れず結局脱毛通いをやめてしまう社会人はとても多いんです。
でも、時間に余裕のある学生であれば、予約が取りにくい平日夕方や土日を避けて通うことが出来るため、予約が取りやすいというメリットがあります。

若さのあるうちに全身脱毛を完了できる

最近脱毛サロンやクリニックでは、スピード照射が可能になり全身脱毛完了までの期間が短縮されてきていますが、それでもツルツルボディを目指すのであれば、約1年~2年半位は時間が掛かってしまいます
社会人になってから高い料金を払って、やっと全身脱毛が終わるころには水着になるのも恥ずかしい年齢になっていたなんてことも。
若いうちに全身脱毛を完了させれば、ムダ毛に悩まされることなく思いっきり遊ぶことが可能です。

自己処理での肌負担が減る

足や脇のムダ毛が気になり始めてから、剃ったり脱毛クリームを試してみたりとあの手この手を使ってムダ毛処理をしてきた人は多いですよね。
でも、脱毛サロンやクリニックでの脱毛を検討している人の多くが、ムダ毛の自己処理による肌負担に悩んでいるのです。
自己処理による肌負担は、肌荒れ・黒ずみ・埋没毛など数知れず。
これをあと何十年も繰り返すなんて恐ろしいこと出来ません。
学生のうちからプロの手を借りて、早い段階で肌負担から解放されることで、よりツルツルお肌になることが出来ます

未成年の学生が利用する際に注意すべきこと

必ず保護者の同意書・同伴が必要

学生のうちから学割を利用して全身脱毛することは、かなり魅力的であることがわかりましたね。
高校生や中学生の未成年であっても、学割を利用して脱毛サロン・クリニックに通うことはできます。ただし、未成年なので個人で契約をすることはできません
契約をするためには、保護者の同意が必要になります。各脱毛サロン・クリニックの公式サイトから同意書のダウンロードができるので、その同意書を持参するか同伴してもらっての契約となります。

未成年ならではのリスクがある

未成年は身体が成長途中である場合があります。そのような時期ではホルモンバランスが崩れやすく、一度脱毛をしてもまた毛が生えてきてしまう可能性もあります。
そうなると、脱毛したのにまた脱毛を繰り返すことになるので、脱毛された状態を継続したいのであれば、ある程度成長が安定する18歳以降の脱毛がおすすめです。

絶対に利用しない手はない!学割でお得に通えるサロン・クリニック

学割が充実しているサロン

キレイモ

学生のうちに学割プランに申し込むと、顔・VIOを含む全身脱毛が卒業後も学割料金で利用することが出来ます
また、お友達や家族に紹介してもらえば更に料金が安くなり、通えば通うほどお得になっている回数制パックプランです。追加料金がかかることもありません
学割パックプランを申し込む時には、学生身分を証明するための学生証などが必要となります。

脱毛ラボ

全身24か所の脱毛が学割で利用できる。予約が取りやすく、1回の施術時間が約1時間~1時間半、毛周期に関係なく最短2週間に1回のペースで通うことが出来るため、より早く全身脱毛を完了することが出来る。
学割を利用するためには、学生証の提示が必要。
回数制パックプラン限定での学割もあるので、注意が必要。

銀座カラー

初回契約時に学生であれば、卒業後も学割料金で利用できる脱毛学割がある。
申し込むコースにより割引率が変わる
また、脱毛料金を一度に高額払うことは出来ないという未成年の方のために、20歳未満限定の都度払い制度がある。施術のたびに1回分の脱毛料金を払うので、安心して利用することが出来る。脱毛学割との併用は出来ないので注意。

コロリー

全身美容脱毛コース12回以上を契約であれば、契約時に学生証提示で割引がある。
未成年の場合は、契約時に保護者の同意書と保護者への電話確認が必要。
確認電話に出られなかった場合は、契約することが出来ない。脱毛料金の支払い方法によっては、保護者の同伴が必要になる場合もある。

ストラッシュ

学生証持参で、回数制コースが安くできる学生限定割引プランがある。1回の施術時間が約60分と早く、1か月間隔で通うことが出来るため、全身脱毛を早く終わらせることが出来る。店舗数は少ないが、そのかわり予約が取りやすい穴場的サロン。
未成年の場合、原則として保護者同伴でのカウンセリングが必要。

恋肌

顔・VIO含む55部位全身脱毛が、学割価格で利用できる。
脱毛料金を月々の分割払いで支払う月額制プランがあるので、お金のない学生の強い味方。
最新式の脱毛器の使用で、2週間に1回の間隔で通うことができ、最短6か月で全身脱毛が完了する。

学割が充実しているクリニック

湘南美容外科

クリニックで学割プランを用意している所は湘南美容外科のみ
学生証の提示が必要。脱毛サロンの光脱毛よりも効果が高い医療レーザー脱毛をお得に施術できるチャンス。医院数も多く、医師が常駐しているので何かトラブルが起こった時も迅速に対応してもらえる。

学割は無いけど安い!

ミュゼプラチナム

学割の用意は無いが、各種体験キャンペーンの打ち出しで、料金の安さはダントツ
また、公式ページには記載されていない割引チケットもあり、他の割引との併用が可能なので利用価値が高い。
人気サロンで予約が取りにくいので、利用するなら時間に余裕のある学生のうちがおすすめ

まとめ

学生時代から、全身脱毛をするメリットはなんと言っても、学割を利用してお得に施術をすることができ、予約も取りやすいことです。
学割が利用できる脱毛サロン・クリニックは、キレイモ・銀座カラー・湘南美容外科などがあげられますが、元々の全身脱毛料金が安いミュゼプラチナムも、時間に余裕のある学生のうちに利用するのがおすすめです。
学割を適用させるには学生証など、学生身分を証明するものが必要で、未成年は保護者の同意・同伴が必要となります。

肌負担の大きい自己処理から早々に卒業して、若いうちからツルスベ美肌を保ちましょう。