銀座カラーとシースリーはどちらも全身脱毛通い放題コースがありますが、全身脱毛通い放題コースなら銀座カラーがおすすめです。なぜ銀座カラーの方がおすすめなのでしょうか?ここでは銀座カラーとシースリーを料金からサービス内容まで徹底比較し、銀座カラーを選ぶべき理由について詳しくまとめました。銀座カラーのデメリットを解消できるサロンもご紹介します。脱毛サロン選びで迷っている人は、ぜひサロン選びに役立ててください。

【2018年5月最新版】脱毛サロン人気ランキング

なぜ銀座カラーがシースリーよりおすすめなの?

銀座カラーとシースリーの全身脱毛コース比較

銀座カラーとシースリーは、どちらも全身脱毛の通い放題コースがあります。どちらも一度契約すれば無制限で好きなだけ脱毛できると言うコースです。銀座カラーには2種類、シースリーには4種類の全身脱毛通い放題コースがあります。それぞれの料金とコース内容を比較してみましょう。

総額 対象外パーツ 脱毛ペース
銀座カラー (1) 295,000円 一度に全身まるごと脱毛
銀座カラー (2) 382,000円 なし 一度に全身まるごと脱毛
シースリー (1) 290,000円 顔かI・Oライン 一度に全身1/4ずつ
シースリー (2) 340,000円 顔かI・Oライン 一度に全身まるごと脱毛
シースリー (3) 340,000円 なし 一度に全身1/4ずつ
シースリー (4) 382,400円 なし 一度に全身まるごと脱毛

銀座カラーは顔を脱毛するかどうかでコースが分かれます。シースリーは顔またはI/Oラインのどちらかを脱毛範囲に含めるかどうかと、一度の脱毛できる範囲の広さによってコースが分かれています。銀座カラー、シースリーともコース料金によって脱毛できない部位があり、シースリーは脱毛のペースもコース料金によって異なります。一度に1/4ずつ脱毛するコースでは月2回通わなければならないので、社会人など忙しい人だと大変です。

顔を除く全身脱毛は銀座カラーの方が安い

顔は脱毛しなくてもよいと考えている人も多いかもしれません。そこで銀座カラーの顔を含まない全身脱毛コースと、シースリーの顔またはI/Oラインを含む全身脱毛コースの料金も比較してみましょう。

総額 対象外パーツ 脱毛ペース
銀座カラー (1) 295,000円 一度に全身まるごと脱毛
シースリー (2) 340,000円 顔かI・Oライン 一度に全身まるごと脱毛

顔を含まない全身脱毛なら、銀座カラーの方が45,000円安いです。

顔を含む全身脱毛も銀座カラーの方が安い

顔も脱毛したい場合はどうでしょうか?銀座カラーとシースリーの、顔を含む全身脱毛コースの料金も比較してみましょう。

総額 対象外パーツ 脱毛ペース
銀座カラー (2) 382,000円 なし 一度に全身まるごと脱毛
シースリー (4) 382,400円 なし 一度に全身まるごと脱毛

顔を含むコースも、わずかな差ですが銀座カラーの方が400円安くなっています。

シースリーは予約が取りにくい

シースリーは予約が取りにくいと言う口コミが非常に多く、「通い放題の意味がない」と言う意見が多く見られます。普通は予約が取りにくいサロンでも新規顧客用の予約枠は専用に設けていて初回カウンセリング~1回目の施術までは予約がスムーズで、2回目以降から予約が取りにくくなるのが一般的です。ですがシースリーは最初の無料カウンセリングですらなかなか予約が取れず、脱毛を始めるのにも苦労します。

一方、銀座カラーはプレミアムファストパスで年8回の予約が可能です。年に8回予約が取れれば毛周期に合わせて効果的に脱毛でき、脱毛完了までの期間も短くて済みます。

銀座カラーの方がアフターケアが充実している

銀座カラーとシースリーのアフターケアの違いは、シースリーのアフターケアはサロンが開発していますが、銀座カラーのアフターケアは提携医療機関が開発していることです。銀座カラーは施術後に、皮膚の専門家が開発した美肌潤美ローションをミストマシンで塗布します。脱毛後の熱を持った肌に冷たいミストが心地よく、銀座カラーに行った後はしばらく肌の調子がよいと言う口コミも見られます。

万一、脱毛で肌トラブルが起きたときも医療機関と提携している銀座カラーなら安心です。

シースリーの良いところは?

シースリーにも銀座カラーにないメリットがあるので、シースリーのメリットも見てみましょう。料金の面ではシースリーの全身を1/4ずつ脱毛するコースなら、通うのは大変ですが銀座カラーよりも安く脱毛できます。時間に余裕があって料金を抑えたい人には向いています。また、銀座カラーにはシェービングサービスがありませんが、シースリーはシェーバーを持参すれば無料でシェービングしてもらえます。

予約のペナルティーもシースリーはかなり寛大です。予約時間1分前以降は1回消化(通い放題コースはキャンセル料3,000円)となりますが、1分前までに連絡をすれば当日キャンセルでもペナルティがありません。ところが銀座カラーは前日19時以降のキャンセルは1回消化(通い放題コースはキャンセル料2,000円)となるので、シースリーよりも厳しめです。

ただしシースリーのキャンセル既定のゆるさは、予約が取りにくい原因になっている可能性も考えられます。1分前にキャンセルが出ても他の人が予約を入れるのは難しいですが、キャンセルのペナルティが甘いので気軽にキャンセルしやすく、同じ人が何度も予約を取り直すケースが多い可能性が考えられるからです。予約方法は銀座カラーもシースリーもネット予約が可能です。

部分脱毛するなら銀座カラー

シースリーには部分脱毛コースが無い

シースリーは全身脱毛のみで、部分脱毛のコースがありません。脱毛したい部位が少ない人には割高です。

銀座カラーはお得なセットコースもある

銀座カラーは部分脱毛コースもあり、顔セットやVIOセットなどお得なセットコースもあります。さらにVIOセット、腕全セット、足全セットには通い放題プランもあり、支払いの負担が少ない月額払いも可能です。

まとめ

銀座カラー

銀座カラーの詳細

いかがでしたか?銀座カラーとシースリーで迷っているなら、銀座カラーの方がおすすめです。脱毛サロンで効果的に脱毛するには毛周期に合わせて通う必要がありますが、なかなか予約が取れないシースリーよりも銀座カラーのプレミアムファストパスを利用する方が年8回通えるので効果的です。アフターケアが充実しているので、脱毛に通いながら美肌効果も期待できます。全身脱毛だけでなく、部分脱毛のセットプランにも通い放題コースがあり、お得に脱毛できる部位が多いサロンでもあります。

脱毛サロン人気ランキング